写真はイメージです

 突然ですが、今、あなたの収入は足りていますか? 満足していますか? 老後は安心ですか? 

 物価はどんどん上がっていき、消費税増税も目の前に迫った昨今、収入を増やしたいと思っていらっしゃる方が大半ではないでしょうか。

 ただ、よほどの「手に職」がないかぎり、転職しても収入がよくなるとは限りません。そもそも、履歴書に書けるような資格や技術がないと、転職もままなりません。かといって、最近よく耳にする「副業」で稼ごうにも、時間や体力が奪われて本末転倒という事態に……。

 みなさん、きっとお悩みのはず。何かしたほうがいいのはわかっているけれど、自分に何ができるかわからない。何をしたらいいか、わからないーー。でも、お金は足りない。ホント、不安ですよね。

これまでの経験が価値になる

 スマホ起業コンサルタントの高橋あきさんも、そんなひとりでした。わずか7年前まで、資格なし、スキルなし、貯金なし。派遣OLで転職歴10回以上。30歳で正社員を希望するも、ハローワークで選考落ちの連続。やっと正社員になれても、32歳でリストラ…。ちなみに婚活もうまくいっていませんでした。

 精神的にも経済的にも追い詰められていた高橋さん。でも自分の「得意なこと」に気づき、それを仕事にしたことで、今は年収1000万円を稼げるようになったのです。しかも、働くのは午前中だけ、平日は旅行ざんまい。

 一体、どうやって年収1000万円を稼ぎ、そんな夢のような生活を手に入れることができたのか。

 その謎は初著書となる『今すぐスマホで1000万円を稼ぐ』(主婦と生活社刊)で赤裸々に明かしてくれていますが、ここではその一部をご紹介しましょう。

 そもそも、私たちに1000万円を稼げるようなスキルがあるわけがない! と、思いますよね? でも、高橋さんは自信をもってこう言います。

「なぜ、1000万円を稼げるようになるのかというと、これまでの経験が価値になることを徹底的に認識することで、それが仕事につながるようになるからです。

 あなたにとって当たり前の経験でも、誰かにとっては必要なもの。つまり、あなたのこれまでの経験は仕事になるのです! 私はこれを『経験の棚卸し』と呼んでいます」

 この『経験の棚卸し』をすれば、私たちのなかで眠っているスキルで「お金を稼ぐことができる仕事」を見つけることができるというのです。