施設の床のいたる所に排泄物が。不衛生な環境下で作業をするスタッフの中には体調不良を訴えた人も(読者提供)

「犬や猫にとって、あそこの施設は地獄です!」

 茨城県古河市の動物愛護NPO法人に対し、内情を知る関係者は大激怒。

 60代の男性A氏が代表を務める同法人は、非営利で動物を保護・譲渡する「第2種動物取扱業者」にあたる。運営する保護施設の出入り口には「動物愛護」「殺処分ゼロ」ののぼり旗を掲げているが、施設内は犬や猫の排泄物が堆積する劣悪な環境にあり、ネグレクト(飼育放棄)疑惑が持ち上がっている。

 同法人は2009年に設立された。関東近県を転々とし、約5年前に現在の場所に居を移している。元工務店だった築46年の古い木造住宅を利用し、最大で犬・猫計100匹以上を飼育していた。

排泄物のにおいがひどい

 女優の杉本彩さんが理事長を務める公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」(東京都)は約2年半前から同団体を問題視。県などに現況を訴え、改善を求めてきた。

「必要な世話や健康管理を怠っているため動物の健康状態は悪く、施設内は不衛生。病気になってもなかなか治療させないので結果、死なせてしまう最悪の団体です」(杉本さん)

公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」の代表・杉本彩さん

 行政がようやく重い腰を上げたのは昨年10月。県の調査で不衛生な飼育状況が確認され、同12月の再調査でも改善はみられず、県は動物愛護法に基づき行政指導の改善勧告を出した。

 しかし、今年2月までの期限内に状況が変わらなかったため、動物愛護団体に対しては異例の改善命令を発動。ようやく同法人は清掃や頭数管理などに本腰を入れるようになったという。

 県は今年度、2週間に1度のペースで抜き打ち調査を続けているが、施設の近隣住民はほとほと困り果てている。

「とにかく排泄物のにおいがすごい。施設のそばを通るときは息を止めて、できるだけ息を吸わないようにして歩いています」(60代女性)

「夏場や雨上がりは特にひどい。施設の敷地から排泄物が混ざった汚水が道路まで流れ出ることもあり、衛生面が心配です。どこかに引っ越してほしい」(80代男性)