ダヌカさんの手紙を持つAさん。他人として収容されることへの怒りがつづられている

 本人のパスポートで正式入国したのに、「他人だ」との認定で、スリランカ人のダヌカ・ニマンタさん(37)はもう1年10か月も法務省の入国管理施設「東日本入国管理センター」(茨城県牛久市。以下、牛久入管)に収容されている。

 在日スリランカ大使館も「間違いなく本人」と証明するのに、日本政府は収容を解かない。このままでは、ダヌカ名義の本人パスポートが使えず、ダヌカさんは強制送還すらされずに生涯収容されるおそれがある。ダヌカさんは自身がダヌカと証明するため、3月1日、法務省を相手取り東京地裁に提訴。5月31日に第1回口頭弁論が開かれる。

堪え難い仕打ちの数々

 1998年。ダヌカさんは16歳で初来日。ブローカーの「未成年では日本のビザを取得できない」との説明を信じ、成人のP氏名義の偽造パスポートで入国した。その後10年間、土木工事や溶接の現場で働くが、2008年、不法滞在が発覚し強制送還された。

 このとき入管は、ダヌカさん所有のP氏名義のパスポートからダヌカさんをP氏と認識し、ダヌカさんも「面倒にならないように」と本名を明かさず帰国した。

 この時点では、確かに、こうなった原因の一端はダヌカさんにもある。

 ダヌカさんは帰国後、貿易会社を設立。そして'10年11月4日、「スリランカと貿易したい」という日本人Yとの商談のため再来日した。このときは本人名義の正式パスポートと90日間のビザを携え入国した。

 Yの会社は詐欺目的の架空会社だった。Yはダヌカさんを3週間も軟禁し、500万円出資せよと強要。さらに、ダヌカさんの過去を知るYは警察と入管にダヌカさんを“売った”。

 ここで起きた問題は、日本政府が指紋照合の結果、「P氏がダヌカ名義のパスポートで入国」と認識したことだ。ダヌカさんは強制送還されることなく、出入国管理法違反での刑事裁判を受け、懲役2年の実刑判決が下された。

 事態が変わったのは、服役中の'12年。ダヌカさんが自分はダヌカであると訴えたことに、在日スリランカ大使館が「間違いなくダヌカ本人だ」との証明書を出した。これにより、日本政府も本人だと認め、ダヌカさんは無事に帰国できるはずだった。ところが─。

 ダヌカさんは'13年3月までP氏として横浜刑務所で服役し、出所後も在留資格がないため、即時に東京出入国在留管理局(東京都。以下、東京入管)にやはりP氏として収容されたのだ。