磯野貴理子

 世の中を騒がせた事件やスキャンダル、はたまたちょっと気になることまで、各分野のエキスパート“セキララアナリスト”たちが分析(アナリティクス)!  ニュースの裏側にある『心理』と『真理』を学術的に解き明かしてご覧に入れます。

磯野さんは本能で結婚、理性で離婚
男性は理性で結婚、本能で離婚した

 タレントの磯野貴理子(55)と24歳年下のバーテンダーの夫・Aさんの離婚報道に、衝撃を受けた女性も多かったことでしょう。離婚の理由は、貴理子さんによればAさんが「自分の子どもが欲しいから」というもの。

 55歳という貴理子さんの年齢が、Aさんにとっての大きな離婚事由といえそうです。しかし2012年の結婚の時点で、Aさんにしてみれば“事情を理解したうえ”でのゴールイン。

 当人同士のことはふたりにしかわかりませんが、やや理不尽とも思えるこの結婚から離婚までの顚末を心理学的にひも解くと、どんな“男女の視点の違い”が見えてくるのか。明星大心理学部准教授で臨床心理士の藤井靖先生に聞いてみました。

「今回の離婚騒動を理解するうえでのキーワードは、『本能』と『理性』です。磯野さんは『本能』で結婚し、『理性』で離婚した。一方でAさんは『理性』で結婚し、『本能』で離婚した。そのようなギャップが感じられます。つまり、実は結婚時からお互いの気持ちは食い違っていた可能性があります」

 理性で結婚する場合、相手の性格や収入、職業などの条件を天秤にかける……つまり“打算”が前提にあるそう。いわばさまざまな損得勘定から、年齢差というマイナスにとられがちな要因に対して、プラス要因が上回ると冷静に判断した可能性があると言えるでしょう。

 その背景には、例えば自分の人生に対してポジティブかネガティブか、自分の社会的イメージに対して損か得か、などの考えがあったかもしれません。

「20代前半の男性は、自身のアイデンティティーの確立が最優先される時期でもあるため、社会的に懸念されるリスクやマイナス面を、低めに見積もってしまうケースもあります。年齢差や、長く結婚生活を続けることに対して、真摯(しんし)に向き合えていなかったことも考えられます」

 Aさんの離婚の意向に対しては、批判的な視線を注ぐ人もいることでしょう。藤井先生によると、ヒトの脳の発達は、おおむね25歳まで続くと考えられるそうです。逆をいえば25歳までは未成熟であり、結婚時に24歳であった男性の理性的な判断は、一生をも決めうる結婚を、長期的に見据えて決断するにはいくぶんか未熟だったのかもしれません。

「一般的に結婚年齢が若いほど離婚率が高くなるというデータも、裏づけのひとつです。その意味では、よしあしは別として、男性は結婚時よりも相対的に成熟した理性で、あらためて自分の結婚のあり方、人生の意味についてとらえ直し、“子どもが欲しい”という、ある種“本能的な欲求”を重視するに至り、離婚という決断をしたのかもしれません

 あるいは、他の女性の存在など、強く本能を揺さぶられるような人生における新たな
展開があり、それを理性では抑えることができないほどであったという可能性も否定で
きません。当然、報道されていないので可能性の範囲内ですが。