2020年の東京オリンピックや今年9月のラグビー・ワールドカップ日本大会など、ビッグイベントの開催を控え、日本中で“スポーツ熱”が高まっている昨今。主役であるアスリートのみならず、傍らで支える妻たちにも注目が集まっている。

「お互い歩み寄っている感じはあるのかな。距離は離れていますけど」

 こう語るのは、ラグビーの山田章仁選手と結婚し、“美人アスリート妻”として注目されているモデルの山田ローラさん。親しみやすいキャラクターに加え、2016年に男の子と女の子の双子を出産。ママとなってからは、思いとおりにいかないことも多い育児を常にポジティブに乗り越える日々を綴った、コラムやSNSも話題に。

離れていてもコミュニケーションは欠かさない

アクティブな山田家

 ご主人の山田選手は海外遠征などで家をあけることが多いものの、離れているからこそのメリットもあるという。

私がハッピーじゃないと子どもたちもハッピーでいられないからと、家にいるときは家事も育児も率先してやってくれるので、すごく助かっています。

 それに、どれだけ長く一緒にいてもコミュニケーションをとらないとわかり合えないことはたくさんありますよね。離れているぶん余計に、言葉で伝えることが大事だとお互い思っているので、一緒にいられるときはもちろん、離れていても電話で1〜2時間、話すこともあったり……とにかくたくさん話します」

 ハッピーオーラ全開の笑顔からほのぼのとした家庭の雰囲気が伝わってくるが、母国でのワールドカップ開催、34歳という年齢的にも、山田選手にとって今年は勝負の年。

「前回ワールドカップに一度出場していますが、実は彼は代表選手になるまですごく時間がかかった選手で、紆余曲折(うよきょくせつ)の末にメンバーに選ばれたんです。今回は年齢的なこともありますし、とにかく今は落ち着いて自分のできることをやろう、といった意志を感じています」

 ご主人とのエピソードを照れながら語る可愛らしい妻の顔から一転、専属コーチさながらの冷静なコメントに驚いた方もいるかもしれないが、実は山田選手の活躍の陰には、常にローラさんのサポートがあった。