いろいろな場所で
音楽という種をまきたい

 どんなときに“よかった”と思うかを聞くと、

Do As Infinity 伴都美子 撮影/伊藤和幸

私がよく笑うようになりました(笑)。のびのびと深呼吸している感じ。空が大きくて、空気も食べ物もおいしくて、道ですれ違ったおばちゃんが声をかけてくれる、そんなちょっとしたことで救われているというか、ピリピリしていた自分から解放されている気がします」

 息子さんが歌手になりたいと言ったら?

「たぶん全力で応援すると思います。今は彼らと戦隊モノの曲をよく聴いたり、歌ったりしています。勉強になるんですよ」

 心に生まれたゆとりが、音楽生活も豊かにしている。

「衣食住“音”って言いたいくらい音楽には力があると思っています。どこか種まきみたいな感じで歌っているところがあって。いろいろな場所で音楽という種をまいて、その中でひとつでも誰かの心にいつか花が咲いたらいいなということを想像しながら歌っています」

 彼女が20年歌い続けているということは、Do As Infinityが愛され続けている証でもある。

「そう言っていただけるだけで涙が出そう。一生懸命みんなで作り上げてきた曲があって、それを届けることをやめないということが、応援してくださるみなさんへの恩返しだと思っています」

『Lounge』6月5日発売 ※記事内の画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします

<リリース情報>
『Lounge』6月5日発売
【CD+DVD】4500円+税
【CD+Blu-ray】5000円+税
【CD】2800円+税