溝端淳平が、民放の連続ドラマに8年ぶりに主演するクライムサスペンス。ここ数年は舞台に軸足を置いて芝居への探求心を培ってきた。30歳を迎え、久しぶりの主演ドラマにかける思いなど溝端に直撃インタビュー。

舞台の経験を生かし
映像で新境地に挑戦

 昼ドラを世に送り出してきた東海テレビ制作の“オトナの土ドラ”通算20作目のクライムサスペンス。原作は同枠1作目で話題を呼んだ『火の粉』の雫井脩介の同名小説。

 主人公で心に闇を抱えた青年、新谷洋輔役を演じるのは、民放連ドラ主演8年ぶりの溝端淳平。舞台を中心に実績を積んできた溝端は、今作に自信を見せる。

蜷川幸雄さんとの出会いから舞台に没頭して、難解な作品にもチャレンジ、精進してきました。8年前とはお芝居に対する考え方も違います。その経験をこの作品で生かせたと思っています。

 僕は今年30歳になるのですが、元号も変わり、俳優人生の第2章、第1幕の始まりととらえて取り組みました

 演じた洋輔については、

「表向きは個性がないので、あえて探っていく作業が楽しかったです。僕は人と話すとき正面から目を見て話しますが、洋輔はあまり相手の目を見ず、挙動不審ぎみなところがある青年と考え、小股で歩く、猫背など、洋輔らしさを加えていきました」

 洋輔は同窓会で集まった友人たち4人で、かつての“体罰教師”(渡辺裕之)への仕返しを決行。ちょっと痛めつけて放置する。それで終わるはずが事態は思わぬ方向に転がり、不可解な殺人事件に発展。それぞれが疑心暗鬼に陥って、お互いの腹を探り合う。やがて明らかになっていく秘密、そして、新たなる殺人が。

洋輔は同窓会で再会した友人たちに誘われ、体罰教師への仕返し計画に加わる (c)東海テレビ

展開が早くスリリングです。物語がとても面白いし、インパクトのある映像描写もあり、いい意味で毎話、視聴者のみなさんを裏切っていく、とても刺激的な作品です。

 ふだん口あたりのいいものを召し上がっている方も、たまにはこんな辛口のドラマも楽しんでいただければ。辛さは唐辛子というより、山椒のようなピリピリした辛味です(笑)」