僧侶としてあるまじき行為

 そんな齊藤容疑者には困った一面も。知人男性は、

「酒に飲まれるタイプだった。酒絡みで出入り禁止になった場所もあるようです。お父さんも法要に酒を飲んでベロベロで来ることがあった。酒癖の悪さは遺伝かもしれん」

犯行が行われた祇園町南側周辺の路地は、薄暗い場所も多くて……
【写真】エロ僧侶が女性を襲った祇園町南側周辺の、薄暗い路地

 また、こんな厳しい言葉も聞こえてくるという。

「年配の方は“ええ子やったのに”と言うが、その後には“そんな人からお経聞かれへん。ありがたみがなくなってしまう”と話していました」

 刑事処分を待つ身だが、僧侶としての処分はどうなるのか。天台宗を統括する天台宗務庁は、

「天台宗の僧侶としてあるまじき行為をしたことは大変遺憾だ。処分は、教師資格を持つ者から申し立てがなければ、こちらとしては判断できない」

 三千院総務部は、

「確かに三千院で働いていたが、本来的には別の寺院の住職なのです。住職という天台宗から認められた高い位を持つ者が、大変なことをしてしまったと思っている。処分は現在、検討している段階だ」

 前出の父親は、6月22日に釈放された齊藤容疑者が、

「涙を流しながら“本当に申し訳ない”と謝っています」

 と反省する様子を明かす。

 斉藤容疑者の母親は、

「お酒については本人も、もう飲まないと言ってます。これ以上は堪忍してください」

 煩悩にまみれて女性を傷つけ周囲の期待を裏切った罪は重い。修行しなおしだ。