木曜ドラマ 『サイン—法医学者 柚木貴志の事件—』 テレビ朝日系 木曜夜9時~ (c)テレビ朝日

 韓国で最高視聴率25.5%を記録した大ヒットドラマをリメークした法医学サスペンス。主人公の柚木貴志役を演じるのは、民放連ドラ単独初主演の大森南朋。

「主人公を演じるパク・シニャンは、ハンサムではないけれど、演技がとても色っぽく、カッコよく見えてくる不思議な俳優さんです。そのイメージが強く、今作でも、いわゆるイケメンではないけれど、アウトローな色気、危うさのある方をと思い、大森さんにオファー、快諾いただきました」

 こう話すのは飯田爽プロデューサー。原作ドラマ放送直後の6、7年前から交渉し、実現させた。

権力に立ち向かう法医学者サスペンス

 柚木は、権力に屈することなく、真実と正義を追求する法医学者。遺体と向き合い、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていく。

柚木ひとりが活躍する物語ではなく、群像劇。柚木の弟子ともいえる景(飯豊まりえ)、柚木の元恋人の千聖(松雪泰子)と部下の紀理人(高杉真宙)のストーリーも描いています。主役の存在感をアピールするのではなく、今作の世界にすっと溶け込める、力量のある大森さんに演じていただけてよかったです」(飯田P、以下同)

 原作の世界観、物語を生かしつつも、日本版でのこだわりもある。

「原作では後半に柚木と景は恋愛関係になるのですが、景は新人解剖医にして、柚木との間に生まれるのは師弟愛にしました。

 千聖と紀理人、そして柚木や柚木と反目する伊達(仲村トオル)が師と仰ぐ兵頭(西田敏行)の間にも師弟愛を描いています」

 伊達にも、オリジナル要素を加えたという。

撮影前、キャストのみなさんに、海外では99%の解剖率の国もあるのに日本の解剖率が低いという話をしたんです。そのときトオルさんが“解剖によって事故だと思っていたわが子が自殺、または他殺だったという事実がわかったら、より深い悲しみになりますよね”と、おっしゃったんです。

 本当にやさしい人柄に触れて、原作では冷酷な伊達のキャラクターを変えました。すべてを明らかにして誰かが傷つくくらいなら、ウソをついてもいいのではないかという考えの持ち主で、根底には恩師から受け継いだ真摯な姿勢を持っているツンデレキャラにしています。個人的には、不快なことがあると机をバンバン叩く、伊達のキレキャラ部分が気に入っています(笑)」

 柚木と伊達は、単に対立しているのではなく、それぞれの考え方の違いがあるのは、この先でも描かれていく。