皇室の重要事項を審議する「皇室会議」の皇族議員2人を互選する投票へ(9月4日)

 美智子さまも心配されている眞子さまの恋人・小室さんの母親が抱える借金トラブル。

 「小室さん側は返金する気がない」という報道が相次いでいるが、実際は水面下で小室母子は、元婚約者の男性に納得してもらえる話し合いを進めようとしていた―。

「9月8日、美智子さまは『東京大学附属病院』で乳がんの手術を受けられました。執刀したのは、美智子さまを長く検診してきた『静岡県立静岡がんセンター乳腺外科』の医師と、東大病院の乳腺・内分泌外科の医師です」(皇室担当記者)

今までどおりの生活を

 手術前には、上皇さまの美智子さまへの“愛情”が感じられるこんな出来事が。

「今回の手術は、全身麻酔をしたうえで『乳房温存手術』によって、がんの組織を摘出するものでした。

 美智子さまが医師からの説明を聞く際、上皇さまもずっと付き添い、自らも医師にいろいろと質問をされていたんですよ」(宮内庁関係者)

 そもそも『乳房温存手術』とは、どんなものなのか。婦人科がんに詳しい『菊池がんクリニック』の菊池義公院長に話を聞いた。

『乳房温存手術』とは、乳頭は残して悪い部分だけを切除する手術です。その際は、転移しやすいリンパ節を確認します。

 そのリンパ節に転移していなければ手術は終了しますが、仮に転移していたら、その後の処置を新たに検討することになります。

 美智子さまは『ステージ1』とのことなので、危険な状態ではないですし、この段階でしたら後遺症などが残ることもないでしょう

 手術後は、定期的に検診をしながら様子を見ていく程度です。運動や食事も、今までどおりの生活を送ることができると思います

 菊池院長によれば、大きな不安はなさそうだが、お代替わり後の美智子さまは、体調を崩しぎみなのが少し心配だ。

 皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、こう話す。