中井貴一とディーン・フジオカ 撮影/高梨俊浩

中井「1回でいいから、総理って呼ばれたい気持ちってない?」

ディーン「ハハハ! わかります(笑)」

中井「そんな気持ちがあったから、今回“総理!”って呼ばれたのがちょっぴりうれしかった(笑)」

 三谷幸喜監督、待望の最新作『記憶にございません!』がいよいよ公開。舞台は政界だが、「政治のことは何ひとつわからなくて大丈夫」と笑顔を見せるのは、主人公となる“記憶喪失の総理大臣”を演じた中井貴一。そんな彼を厳しくもかいがいしく支える秘書官を、三谷作品初参加となるディーン・フジオカが演じている。

ファンタジックな三谷作品

ディーン「最高峰の現場を経験させていただきました。役者としてまだまだ勉強しなきゃいけない、修業を積まなきゃいけないということを改めて感じて。(中井主演の映画)『ビルマの堅琴』を見ていたのを鮮烈に覚えていて、そんな中井さんが隣にいるのが、今でも信じられないです」

中井「そんな(笑)。僕は正直、ディーンくんって近寄りがたい方なのかなって思っていたんです。何でもクールに“はい、そうです”って答えちゃうような。でも違った。お芝居をすると相手の本性って見えるんですよ。やっぱりいろんな経験をされてるからかな。すごくフランクで話しやすかったですね」

ディーン「(安堵した表情で)よかった。安心しました(笑)」

 劇中では、最初から最後まで大いに笑わせられるが(ディーンいわく、1分に1回笑える!)、

中井「役者が笑わせようとして演じるコメディーほど、失礼なことはない。三谷幸喜の作品は、役者が面白いことをしなくても面白くなるようにできているんです。

 実は、僕は三谷さんと同じ年。見てきたもの、感じてきたものが似ているところがあって、(コメディアンの)植木等さんが好きなのも一緒なんです。ファンタジックにまとめる彼の作風が大好きですね」

 主人公の総理は、国民からすさまじく(!!)嫌われており、その支持率は、なんと史上最低の2.3パーセント!

中井「もう、低すぎて。それなら、もう辞めてるでしょ!(笑)」

ディーン「僕も最初、その数字は間違いなんじゃないかと驚きましたよ」