「カマテ! カマテ! カオラ! カオラ!」

 東京・新宿の歌舞伎町シネシティ広場(旧コマ劇場前広場)に、突如現れた巨大スクリーン。すると、ガチムチ&半裸の外国人男性たちが雄叫びをあげながら踊り出した! その迫力に歩行者も「ナニ?」と足を止め、ざわめき出す。

 新手のストリートパフォーマンス……ではない。実はこれ、9月20日に開幕するラグビーW杯を盛り上げるため、全国各地で開催されるパブリックビューイングのプレイベント。先の軍団は、優勝候補の一角、ニュージーランド代表チームが試合前に舞う民族舞踊「カパ・ハカ」を披露していたのだ。

「ラグビーって、こんなパフォーマンスもあるんだ!」と食い入るように見ていた女性は、「全然ルールは知らないですけど、大きいし筋肉がヤバい(笑)」

ラグビー初心者に親しみやすい内容に

「初心者の方でも気軽にラグビーの魅力に触れていただけるよう、W杯期間中はパブリックビューイングを併設した入場無料の“ファンゾーン”を、国内12の開催都市に開設します。ぜひ一緒に盛り上がってください」

 そう話すのは、東京オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部ラグビーワールドカップ開催準備課。野球やサッカーに比べると、マイナー感が否めないラグビーだけど、「今の日本代表はとても強いので、みなさんのパワーをお借りすれば大躍進も期待できます!」と同準備課が力を込めるように、ファンだけではない、全国民の声援こそ欠かせないというわけだ。

ラグビーファンにはおなじみ。見るものを圧倒する民族舞踊「カパ・ハカ」 撮影/渡邉智裕

 そうは言っても、「ルールもよく分からないし、行っても楽しめないんじゃ……」なんて心配する人もいるはず。でも、ご安心あれ。ファンゾーンは、誰でも気軽にラグビーを楽しめるコンテンツが揃っているんです。

「ラグビーボールを投げて的を撃ち抜いたり、タックルの威力を計測できたり、ラグビーの魅力に触れられるような参加型アクティビティを用意しています。ご家族や、友人同士で訪れても楽しめる空間ですので、気軽にお越しいただければ」(同準備課)

 加えて、前述の民族舞踊パフォーマンスや、芸能人や有名アスリートによるトークイベントなども開催予定。冒頭のイベントでは、ラグビー観戦初体験のタレント・ゆきぽよに、元ラグビー選手が分かりやすく説明するなど初心者を置いてきぼりにしない工夫も。これなら誰でも楽しんで参加できそう!