『アメトーーク!』Pが漏らした不満

 そんなエージェント契約に関して、加藤に話を聞こうと自宅を訪れるも、本人は不在。代わりに、加藤の妻が対応してくれたのだが─。

─エージェント契約に関して、何か聞かれていますか?

「まったくわかりません……。何も聞いていません」

─ご主人を信じているというご心境ですか?

「ごめんなさい。ちょっとお答えできないです……」

 などと、記者の質問に対する具体的な答えはなかった。

 とはいえ、加藤が要望したエージェント契約が採用され、8月19日には11人の吉本芸人の謹慎が解かれたこともあり、徐々に元通りになりつつある吉本興業。

 その一方で、気になるのはやはり渦中の2人の現状だ。

亮さんは、復帰こそしていませんが、今ではマネージャーと連絡をとっているようです。彼は“相方に任せる”スタンスらしく、いずれは吉本で芸能活動を再開させる方向が濃厚だそうです。相方である田村淳さんも、亮さんに“戻ってきてほしい”と公言していますしね。ただ、一緒に会見を行った宮迫さんとはまったく会っていないと聞いています」(吉本興業関係者)

7月20日、涙の会見を開いた宮迫博之と田村亮
すべての写真を見る

 そんな宮迫も亮と同じく、まだ芸能活動を再開させていないのだが、8月からボランティア活動に従事する日々を送っている。

「フラダンスイベントで詐欺防止のチラシを配ったり、先日、台風15号の被害を受けた千葉県内の小学校に支援物資を届けたりしています。一部で、明石家さんまさんの個人事務所に入ると報じられてはいますが、現時点で芸能界復帰の見通しは立っていないそうです」(同・吉本興業関係者)

 そんな宮迫の今後の見通しが暗い中、打ち切りも囁かれていた『雨上がり』の冠トーク番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)だが……。

来年の春に打ち切りの可能性があると報じられましたが、今後も続けていく方向で考えているようです。もし終了させてしまった場合、数々のヒット番組を担当してきた番組の敏腕プロデューサー・加地倫三さんが、局を退社してしまうという懸念を上層部が抱いたんだとか。

 しかし、当の加地さんは、吉本騒動が起こった際、吉本の幹部クラスではなく、現場のチーフマネージャーしか謝罪に来なかったことに対して、不満を漏らしていましたけどね」(テレビ朝日関係者)

 さらに『スッキリ』でも“加藤の降板説”が報じられたが、その予定は現状ないという。

「日本テレビは加藤さんの“暴走ぶり”に頭を抱えたそうですが、騒動が落ち着いた今は静観中です。むしろ“エージェント契約発言”以降は一気にトーンダウンしたので、安心しているのではないでしょうか。最近、番組側と加藤さんが契約の更新をしたそうで、来夏いっぱいまでは、彼のMCが継続される見通しです」(日本テレビ関係者)

 加藤、亮、宮迫の今後について吉本は「個別の契約内容に関する質問には、回答を差し控えさせていただきます」

 騒動の“主役”となった3人だが、やはり収まるところにオチつくのか─。