容疑者と智子さんが、このマンションに住むようになったのは、11年ほど前から。登記簿上は、約57平方メートルのマンションを1600万円ほどで一括購入しているので、貧困家庭というわけではないようだ。

2人きりになった母娘

 それ以前に住んでいた東京都羽村市を訪ねてみると――。

「2歳上に長男がいて、下に妹さんがいました。長男も次女も結婚されていて、すでに家を出られていますよ。智子さんは大人しい印象はありましたけど……」

 と近所の人が証言する。

 そのころ、勝間田家はその土地の周辺では裕福な家だった。50年近く前は木造の一戸建てで、一家が3階に住み、1階と2階はアパートで、その家賃収入を得ていた。

容疑者がかつて所有し、住んでいた羽村市内の自宅
すべての写真を見る

 およそ35年前に、いまのアパートに建て替えて、1、2階はワンルームが5部屋ずつあって、同様に家賃収入があった。

「それだけではなくて、当時、旦那さんは工場を持っていて、従業員も数人はいましたから、それは裕福でしたよ。だから、3人の子どもさんはすべて大学へ入れていました。妙子さんは賢くて、子ども思いで優しくて、しっかり者。旦那さんが仕事で忙しかったので、子どもたちもほとんどひとりで育てたようなものです」(先の近所の主婦)

 ところが、約30年前、夫に不倫問題が発覚したという。

「外に女をこさえちゃってね。それが理由で離婚されたんです。その際に、自分の名義だったマンションや土地を、すべて奥さまに贈与したようです」

 やがて長男と次女が独立して、2人きりになった母娘。

 羽村のマンションと土地を売却して、朝霞へと移り住んだ。その朝霞での生活は、わずか10年余りで幕を閉じることに。財産も尽きてしまったのだろうかーー。

「もしかしたらお母さんが大病を煩ってしまってしまい、老い先が長くないと悲観したのかもしれませんね」

 と先のマンションの主婦は想像する。

 容疑者は、自分の子どもたちや知人などにSOSを発すことはできなかったのだろうか。社交性があったというだけに、残念な結果となってしまった……。