「神奈川県川崎市の『武蔵小杉』駅近くにある48階建てのタワーマンションが、台風19号による大雨で停電しました。地下にある電気設備が冠水して故障したのが原因です。エアコンやテレビが使えないのはもちろん、トイレも流せません。エレベーターも止まりました」(社会部記者)

『武蔵小杉』といえば、“住みたい街ランキング”で常に上位になる人気のエリア。タワーマンションが立ち並ぶ憧れの街として知られる。

「JRの横須賀線、東急電鉄の東横線と目黒線という東京都心に向かう路線が3系統あり、しかも急行停車駅。交通の便がいいんです。商業施設も充実し、多摩川が近くにある環境も人気の理由です。被害に遭ったのは、シアタールームやキッズルーム、温泉やサウナまで備えた高級マンション。上層階は1億円を超える物件もあります」(不動産業界関係者)

毎日、40階近くまで階段を上り下り

 ここ数年で人気が急上昇していた街だが、古くから住んでいる人は、この事態を予見していた。

もともと工場が多かった場所で、それ以前は田園地帯。水はけが悪いとは言われていました。地盤が弱いことを知っている人は住もうと思いませんよ。JRの『湘南新宿ライン』ができた10年前にマンションの建設ラッシュがありましたけれど、いつか何かが起きるとは思っていました。坂も多く、被災したマンションは水が流れ込むような場所に立っていました」(近くの戸建てに住む男性)

 被災から数日後に48階建てのタワマンを訪ねると、業者が設備の修理中。1階のエントランスホールに掲げられていたホワイトボードには、共用部分にあるトイレの使用法に関する注意事項が記されていた。

被災したもう1棟のタワマンも真っ暗

 厳しい表情で下を向いて通り過ぎる住人に声をかけ続けると、ようやく答えてくれる人が見つかった。

半分くらいの住人はマンションから出てしまい、身内の家やすぐ前にある『リッチモンドホテル』に泊まっています。私は行くところもないし、毎日40階近くまで階段を上り下りしています。20分かかりますけど、趣味で登山をやる気持ちで上っていますよ。仮設トイレは各階に1つずつ、1階の共用部分には3つあり、譲り合って使っています。周りにたくさんある商業施設まで行く人もいますね」(60代の女性)

『武蔵小杉』駅近くにあるもう1棟、22階建てのタワマンも停電。部屋では電気も水道も使えないが、10月16日に2台あるエレベーターのうち1台が復旧した。

前の週にあった地震はまったく揺れなかったけど、マンション前の道路が50cm以上浸水して、翌日は泥だらけに。駅前だから価値が下がらないと思い、11年前の新築時に買いました。でも今回のことがあって、地盤が硬いところに移ろうかと考えています」(70代の女性)

 10月16日には、冒頭48階建てタワマンの説明会が近くの小学校体育館で開かれ、数百人が参加。住人代表の防災防犯委員に話を聞いた。