ながらスマホ運転によって、家庭が壊されました。(加害者は)危ないこと、やっちゃいけないとわかっていてやっています。これは殺人に近い状態、悪質性が非常に高いと思っています

 今年9月、ながらスマホ運転の事故で死亡した被害者遺族らとともに『ながらスマホ運転被害者遺族の会』を立ち上げた井口貴之さん(47)は、悔しさをにじませながら、そう無念さを語る。

 昨年9月、スマホで漫画を読みながらワゴン車を運転していた運送会社の男(当時51)に追突され、何ひとつ落ち度のない妻の百合子さん(当時39)は命を落とした。

スマホで漫画を読んでいた

 事故現場となったのは、新潟県南魚沼市の関越自動車道。夏休みを利用しツーリングへ出かけた帰り、あと10分で無事、帰宅できる場所で、幸せな人生が一瞬で破壊された。

事故直後、(収監中の受刑者は)妻を安全な場所に移動させるでもなく、後続車に事故が起きたことを知らせることもせず、私に言ったのは“ぶつけてしまいました”だけ。その翌日、事故原因を尋ねると“対向車線を見ていて気がついたらぶつかっていた”と言ったんです。妻の葬儀でも“すみません”と言っただけで、謝罪の気持ちや誠意は感じられませんでした

 そう振り返る井口さんをさらに驚かせたのが、男がながらスマホ運転をしていたという事実だ。当初、事故はわき見運転と処理され、男は逮捕されなかった。新潟県警が自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)で男を逮捕したのは、事故から1週間後のことだったという。

警察に“スマホで漫画を読んでいた”と告げられたときは非常にショックを受けました。妻の葬儀のとき、すでに受刑者は警察に事故原因を認めていました。なのに、葬儀の際に渡してきた手紙には“自分の不注意で命を奪ってしまってすみません”と、“不注意”と書いていたのです

 裁判で明らかになったのは、男がハンドルの上に置いたスマホで漫画を読み、前を見ずに下を向き運転していたこと、3秒以上よそ見をすると鳴る警告音も無視していたことなどの悪質性。

破損した百合子さんのバイクが事故の衝撃を物語る。下を向いて漫画を読んでいた受刑者は前方を見ずに運転。ノーブレーキで突っ込んだ(井口さん提供)

 今年8月、懲役3年の有罪判決が確定し、男は今、収監されている。

私は事故の後、うつ病を発症し現在も治療中です。同居していた私の父は、妻が亡くなったショックで認知症を発症しました。私たちの人生設計は、ながらスマホ運転で狂わされました……苦しいです

 時折、声を詰まらせ、言葉の端々ににじむのは深い悲しみと悔しさだ。