「養子縁組家族交流団体の『絆の会』には30年の歴史があり、縁組家族の交流を図っています。縁組前のご夫婦が様子を見るため、参加することもできます」(Sさん)
【写真】里子を迎えた喜びを笑顔で語る岩朝さん

「不妊治療をしている方にとって里子や養子を迎えるのは“最後の選択肢”になっていますが、8年間、里子を育ててきた今、思うのは“最初から”でもいいんじゃないということ。それくらいおすすめしたいです」

 と話すのは、里親制度の政策提言や啓発活動をするNPO法人『日本こども支援協会』代表理事の岩朝しのぶさんだ。里親とは、生みの親に特別な事情があるとき一時的に子どもを預かる制度。養子縁組とは異なり、戸籍の変更は生じない。

「産みたい」よりも「育てたい」が上だった

 岩朝さんも30代のころに一時期、不妊治療を受けていたが、子どもは授からなかったという。

「治療は最後まであきらめていませんでした。小さいころから病気や勉強、仕事などどんなことも頑張って克服してきたので、あきらめるという選択をできなかった。だから治療と並行する形で里親登録をしたところ、不妊治療からは自然と足が遠のいていきました」

 夫婦の子どもであることへの執着はもともとなかった。岩朝さん自身、血のつながらない父親と暮らした経験があったからだ。

「私は実父よりも母の再婚相手(継父)を慕っていたので、もともと血縁へのこだわりがありません。時間や交流の積み重ねが家族をつくることに実感がありました」(岩朝さん)

 岩朝さんと交流のある養子縁組家族交流団体『絆の会』相談役のSさんも、16年間、妻とともに不妊治療に取り組んだ末、特別養子縁組を選択している。特別養子縁組は養子縁組の一種で、『子どもの福祉』を目的とした縁組で実親との関係が完全に消失するものだ。

「不妊治療を行っている中で特別養子縁組のことを知りました。妻に言い出すタイミングが難しかったですね。少しずつ不妊治療を減らしていくなかでお互いに、産みたいのか育てたいのかを改めて考えてみたら、ふたりとも“育てたい”が上だった。それで養子を選択しました。

 そのころちょうど熊本の慈恵病院が『こうのとりのゆりかご』(赤ちゃんポスト)を始め、活動に賛同し応援の意味でメールを送りました。そのご縁で子どもを迎えることができました」