全世界で大ヒット、日本でも興行収入250億円以上を記録した映画『アナと雪の女王』(2013年)の続編、『アナと雪の女王2』が本日、公開された。

 ヒロインの1人、アナの声優を日本語版で務めるのは前作に引き続き神田沙也加。

 公開前日(21日)のイベントでは、『アナ雪』について、「もし人生年表があるとするなら、間違いなく分岐点。お芝居や歌に“アナ”というチャンネル、チューニングができました」。また、「アナはもうひとりの自分ができたという感覚」とも語り、これからもこの役と歩んでいくことを誓った。

 公開を記念して、沙也加のなつかしのショットをお届け。

 小学校5年生のときの運動会(1997年10月)。母・松田聖子が駆けつけ親子競技、『親子でおっとっと』に挑戦。

 息もピッタリにボールを運び、ゴール後にはハイタッチ。

 しかし、聖子はカジュアルな装いでも貫禄とオーラを見せつけ、親子ツーショットはさしずめ『アナと芸能界の女王』といったところ!?

公開前日の11月21日、神田沙也加(左から3人目)は『アナと雪の女王2』スペシャルイベントに出席