男ウケを意識してモテ仕草を繰り出す「あざかわ女子」。“計算”だと分かっていても、かわいいものはかわいい! そんな「あざとかわいい女性芸能人」について10~50代の男性100人にアンケート。みんなが選んだあざかわ女子は?

分かっていても惹かれる世の男性たち

当記事は「日刊大衆」(運営:双葉社)の提供記事です

 第3位は、広瀬すず。

 広瀬といえば、9月まで放送されていたNHK連続テレビ小説『なつぞら』ヒロインを好演していた。2020年3月には『なつぞら』に続き吉沢亮と共演した映画『一度死んでみた』も公開予定だ。

 そんな広瀬を選んだ人からは「要領よく生きている感じがする」(35歳/男性/会社経営・役員)、「演技を見て。しゃべり方とか」(37歳/男性/会社経営・役員)、「しゃべり方や仕草からそう感じる」(34歳/男性)、「なんとなくあざとそうだと思ったので」(51歳/男性)という理由が挙がっていた。

石原さとみ

 第2位には、石原さとみがランクイン。

 7月期に放送された主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)では、コメディエンヌとしての才能も発揮した石原。出演映画『決算!忠臣蔵』の公開も、11月22日に控えている。

 選んだ人からは、「うまく男を振りそうなイメージ」(36歳/男性/企画・マーケティング)、「しゃべり方からそういう印象を受ける」(34歳/男性/学生・フリーター)、「かわいらしい演技」(36歳/男性/営業・販売)、「口元がセクシーだし、それを分かっている感じ」(38歳/男性/営業・販売)など、コケティッシュな印象を挙げる人たちが多かった。