「ここだけのために合わせてきた選手もたくさんいる。敬意を持って失礼にならないよう全力でぶつかりたい」

 フィギュアスケートの全日本選手権に羽生結弦が登場。4年ぶりとなる舞台で、ショートでいきなり110・72点の歴代最高得点を叩き出すなど、華麗な舞いを見せた。

メダリストら激突の氷上バトル

 話題となったのが、五輪メダリストであり、全日本優勝経験者3人の競演。アイスダンス転向のためシングルは最後となるバンクーバー五輪・銅メダルの高橋大輔は、

「33歳まで現役をできると思ってもらえればそれでいい」

 と、闘志を。そんな大先輩と大会前に再会したソチ、平昌五輪・金メダルの羽生は、

「緊張して何を話したか全然覚えてないんです。スケーターとしてのオーラがありました」

ショートは105.71点のシーズンベストで、表情も明るく 撮影/坂本清

 平昌五輪・銀メダルの宇野昌磨も、

「一生に1度の場。出る側も見る側も楽しみ」

 日本のフィギュア界を牽引してきた3人による、最初で最後の夢競演で締めくくった2019年。年が開けるとまた、世界との戦いが待っている――。