「人柄」あってこその移籍

 “カリスマ”を失い、また若手にシフトチェンジしつつあるジャニーズだけに、先が見いだせず、ひそかに退社を考えるタレントもいるという。

「TOKIO・長瀬智也の退社報道も出たばかり。自由な音楽活動を望んでいた彼は、音楽系の事務所に移籍すれば“肉体労働”ではなくアーティストの仕事がもっと増えることでしょう。来年に向けて、“獲得”に動きだす事務所もあるといいます。

 また“解禁”になったことで、退社した赤西、錦戸らにもお声がかかるかもしれませんし、脂の乗り切ったJタレの動向が絶えずチェックされるのではないでしょうか。まるでプロ野球の“フリーエージェント”ですね(苦笑)」(同・芸能プロ関係者)

 とはいえ、いくら実力と華があろうとも、“素行”が悪ければ“チーム”の雰囲気は悪くなってしまうもの。

片岡愛之助
すべての写真を見る

「松竹エンタテイメントの“顔”である片岡愛之助と翼クンは、'14年に同じ舞台を踏んだ仲で、翼クンの歌舞伎に真摯(しんし)に打ち込む姿に惚れ込んで親交を深めたそうです。

 復帰舞台や『めざましテレビ』への出演をおぜん立てしたのも、また移籍にひと役買ったのも愛之助だそう。これも翼クンの人柄があってのことでしょう」(舞台関係者)

 ナインティナイン岡村隆史も、旧友・中居正広の退社を受けて吉本興業への移籍をすすめていたことを明かした。

 誘われる人間には、それなりの人柄があるからこそだ。