ダンディーで大人の色気があって、渋くてカッコいい。と思えば、ニコリと笑って優しい表情を浮かべる。その変わらぬ魅力に、つい、引き込まれてしまう――。

 草刈正雄、67歳。4年前に『真田丸』で再ブレイク。圧倒的な存在感を見せつけた朝ドラ『なつぞら』での“じいちゃん"役も記憶に新しい。そんな草刈が、今度は初の総理大臣役に挑んでいる。

そう呼ばれるとその雰囲気になってくる

「本当に大変でした。それはぜひ、大きく書いてほしいです(笑)。政治用語が多く、難しくて。だからといってセリフに集中しすぎると芝居ができなくなってしまう。それはもったいないなと。でも、その難しさがだんだん快感になっていって、俳優としてはやりがいがありました」

 昨年公開された映画『記憶にございません!』では、官房長官役を演じていたが、

「昇格しましたね(笑)」

 と茶目っ気たっぷり。“総理”と呼ばれるのは、どんな気持ち?

草刈正雄 撮影/佐藤靖彦

「役者って気持ち悪くてね、そう呼ばれるとその雰囲気になってくるんですよ。ね、気持ち悪いでしょ?(笑) 僕は普段、だらしない人間なんだけど、なかなか(役を)断ち切れなくて、今回も気づいたら役に入ってた……なんてこともありましたね。

 僕が総理だったら? う~ん。最近は暗いニュースばかりですからね。もちろん、僕も先行きが不安になることはありますよ。もっと楽しい、明るい話題が出てくるような、そんな世の中になるといいなぁと思います」

 今回、草刈が演じる江島総理は、国家財政の危機が襲う中、反対を受けながらも強い信念をもって国を救うために奔走する。

「まさに“猪突猛進"な男。とにかく成功させるためには、周りに反対されようが、どんな手を使ってでもやるぞ、みたいな。自分とは大違いです」

 そうなんですか?

「はい。僕は気が弱いですから、周りから何か言われたら“あぁ、そうだね。そうかもしれないね"って言ってしまうタイプ(笑)。でも、自分とは違うからこそ、演じていて楽しかったです」