最高視聴率32.3%を記録した、1991年に放送されたドラマ『東京ラブストーリー』
すべての写真を見る

永尾&三上を振り回した!?「さとみ3大シーン」

その1
 永尾ではなく、三上からのアプローチに応え同棲していたが、三上の女性問題などで悩み別れを決意。「笑って別れよう」と告げて去っていくさとみの後ろ姿に向かって、三上は「嫌だよー」と絶叫。

その2
 三上と別れた後、永尾と会食&ボウリングを楽しむ。高校の卒業式にふたりから贈られた制服の第2ボタンを持参し「私の卒業式」と川に捨てる。「三上くんが好きになってくれた、永尾くんが好きになってくれた私はもういないの。汚れちゃった」。永尾は「汚れてなんかいない。あのころのまま憧れの的だよ」

その3
 永尾に以前、おいしかったとほめられた、おでんを作ってマンションを訪ねる。ロス転勤を決めたリカと会う約束をして出かけようとする永尾に「行かないで。好きなの」。リカを傷つけられないという永尾に「でも、行かないで」と懇願。「三上くんのときは、我慢したの。待っていれば、いつかきっと帰ってきてくれるって。でも、ダメだった。だから、もう後悔したくないから。行かせたくなかった」

ドラマ『東京ラブストーリー』のさとみを演じた有森也実 イラスト/さきもとしほ

■プロフィール 1967年神奈川県生まれ。'86年に映画『星空のむこうの国』でデビュー以後、数々のドラマ、映画に出演。今年は映画『子どもたちをよろしく』『ねばぎば新世界(仮)』が公開。『NHK短歌』の司会も務める。