昨年3月、性暴力に関する裁判で無罪判決が相次いだ。翌月から抗議の意味も込めて始まった『フラワーデモ』。毎月11日に花を持って集まるデモは全国的な広がりを見せていたが、3月以降はコロナの影響で開催できない都市も。そこで、週刊女性PRIMEフラワーデモを開催します!

私がもっと早く声をあげていれば、彼女たちは傷つかなくてすんだのではないか

 長崎県の民放アナウンサーだった郡司真子さん(51)は3月、長崎市で行われた性暴力根絶を訴える『フラワーデモ』で声をあげた。

 フラワーデモは昨年の4月11日、東京・丸の内から始まった。当時、性犯罪の無罪判決が相次ぎ、

声をあげなければ変わらないと思った。明らかにおかしな判決をおかしいと言えない空気にしてはいけないって思ったんです

 と主催者で作家の北原みのりさん。初回の東京駅前の行幸通りは、花を持った多くの人で埋め尽くされた。

どのくらい人が集まるかわからなかったので、多くの人が集まってくれたことに驚くと同時に、みんな声をあげたかったんだ、と気づきました。それまでデモに参加したことのないような女性たちが多く、自分の体験談を語ってくれました。さらに女性だけではなく性別にかかわらずに多くの人が声をあげ、そしてどんどん強い声になっていったんです」(北原さん)

 500人近くが集まった東京を皮切りに、デモは全国に拡大。毎月11日に開催されるも、今年の3月からはコロナウイルスの影響で開催できない都市もある。

 冒頭の郡司真子さんと酒井恵さん(仮名)が週刊女性に被害体験を明かしてくれた。

睡眠薬を飲まされレイプ

 郡司さんは長崎の民放アナウンサー兼記者として勤務していた1993年に、長崎県警幹部から飲み物に睡眠導入剤ハルシオンを入れられ、レイプされた。

当時、長崎で殺人事件があったんです。警察内部しか知らない情報を提供してくれるというので指定された小料理屋に行ったはずが、気づいたらホテルの部屋でした。もう行為は終わったようで相手から“写真撮ったから”と言われました

 その後も複数回、性的関係を強要されたという。

郡司真子さん

当時の上司の記者に相談しましたが、県警幹部からの性被害を取引材料に、逆手にとって記者として成長しろと言われセカンドレイプを受けました。耐えきれずに2年後、退職することにしました。相手は警察でしたから加害をもみ消すことができると脅迫され、追及することもできず苦しい思いを抱えながら30年近くも過ごしてきました

 1度は泣き寝入りをした郡司さんだったが、後輩記者たちが次々に被害にあっていくのを耳にするようになる。昨年には長崎市で市の職員から性暴力を受けたとして女性記者が裁判を起こした。この女性記者の勇気ある行動が郡司さんの背中を押した。

「女性ジャーナリストが増え、私と同じような危険にさらされる女性記者は長崎だけではなく、全国にたくさんいると思います。相談したけどセカンドレイプにあうことで被害者の泣き寝入り、絶望を生みます。女性記者への加害はメディア業界の課題です。また、特ダネ狙いの夜討ち朝駆けは何の意味もない。女性を貢ぎ物のように差し出すような悪しき習慣を打破していきたい」

 と声をあげた。