『昼顔』や『あなたのことはそれほど』など、話題になったドラマやマンガには不倫がテーマのものが多い。してる側は背徳感でドキドキ、でもサレた側はたまらない! そんなサレ側男女の声を聞いた。

 集英社のマンガアプリ『マンガMee』で連載中の作品『サレタガワのブルー』(サレブル)が今、話題だ。

 主人公である新進気鋭のデザイナー・田川暢(たがわのぶる・26歳)は、妻の藍子(あいこ・29歳)にぞっこん。すべての家事を完璧にこなし、稼ぎもよく、温厚でイケメン。

 そんなスーパーダーリンに溺愛されながら、藍子は会社の上司・森妻子あり)と浮気をしていた。残業と称してラブホに通い、ヤバすぎるLINE局部画像を送りあう。それはある日、暢ともうひとりの“サレタガワ”森の妻の知るところとなり……。

 現在、クライマックスを迎えている本作だが、タイトルのとおり不倫する側でなく、された側にスポットをあてているのが新しい。キャッチフレーズは“不倫したくなくなるマンガ”これだけ不倫が世にはびこっているにもかかわらず、された側の苦しい声はほとんど聞こえてこない

 今回、取材班は男女3人の“サレブル”を聞いた。

『サレタガワのブルー』分冊版【1】Kindle版(セモトちか著)

“常連さんとアフター”で朝帰りの実態は

 ひとり目の“サレ夫”、道夫さん(仮名・42歳)が2つ年下の妻・美香さん(仮名)と出会ったのは12年前。飲み会の席で美香さんに一目惚れし、その日に連絡先を交換。交際3か月でのスピード婚を果たす。その後、1男1女の子宝にも恵まれたが、2年ほど前、妻がアルバイトを始めてから、すべてがおかしくなった

 そもそも道夫さんが職場でリストラされ、失職したのが妻が働きに出た理由。妻の勤め先がバーであっても文句は言えず、むしろ頭を下げたい思いだった。しかし“常連さんとのアフター”で帰宅時間は日に日に遅くなり、ついには朝帰りする日も。朝、子どもを学校に送り出すのはすっかり道夫さんの役目になった。

 早々に職につき、妻にはバーをやめてほしい。気持ちはあっても職がない。そんなジレンマのなか道夫さんは、入浴中さえも携帯を手放さなくなった妻に気づくある日、眠る妻の手元にあった携帯のLINEを見てしまった

hiro「君の子たちが俺の子じゃないということが、とても悲しいよ
hiro「俺の子どもを産んだのも、なぜ君じゃないのか
hiro「みか、俺の子どもを産んでくれ♪
美香「私もひろくんの子ども産みたいよ……つくろう♪2人の子ども♪