ジャニーズ事務所を退所し、You Tubeのライブ中継で2時間に及ぶ記者会見に臨んだ手越祐也。コロナ禍における“ステイホーム破り”をしたことについて、“ジャニーズにいては叶えられない夢”のため必要な打ち合わせがあったと語りつつ、今後の活動については「(エンターテインメントで)世界ナンバーワンのアメリカも攻めていきたい」としている。……そんな真剣な話し合いに女友達とワインいる? という疑問こそ浮かべど、自分が悪いと思っていなければ謝らない、というスタンスがなんとも手越らしい。

 会見では今年の3月から退所にむけての話し合いを続けてきたという事実も明かしたが、さらに特に驚きだったのが、ジャニーズサイドから「弁護士をつけてくれ」との注文があったということ。

 それについて手越は「僕の方も弁護士とか、そこまで今まで経験が個人でないので、急きょ弁護士の方を付けさせていただいて」と話しているが、弁護士をつけて話し合っている時点で全然円満じゃなさそうじゃん……というのが正直な感想だ。

「となりの手越」

 そして、会見は記者との質疑応答コーナーに移った。司会者から紹介を受け、登場したのが顧問弁護士の高野隆氏。

 その登場シーンにたぶん、ライブ放送を見ていた100万人を超える視聴者は思ったことだろう。「宮崎駿のお出ましじゃん……」と。髪型・髪色・髭・髭色・メガネ・肌の色や質感──すべてが宮崎駿を構成する要素と似すぎていたのである。

 彼が着席することによって、途端に会見は“スタジオジブリ新作発表会見”の風景に様変わり。案の定、You Tubeのコメント欄は一瞬にして“宮崎駿似弁護士”についての反応で埋め尽くされた。“ジャニーズとの確執”について記者が追及しているにも関わらず、コメント欄ではそっちのけで《となりの手越》などと投稿し、大喜利をはじめる視聴者まで出る始末。

 しかし、この高野弁護士、調べてみると業界の超大物であることがわかった。あの日産前会長のカルロスゴーンの弁護も務めたそうで、あの作業員姿が話題となった“変装保釈劇”を指示したその人だという。

'19年3月、保釈するカルロス・ゴーン。周囲と同じ装いのほうが目立たなかったのでは……?

 業界では“保釈のスペシャリスト”と呼ばれる刑事弁護の凄腕らしい。退所のゴタゴタを釈放や事件のスペシャリストに依頼する手越……直近で逮捕される予定でもあるのかよ、って話だが、とにかくプロ中のプロに依頼していることがわかる。

  翌日のワイドショーでも高野氏を“刑事弁護界のレジェンド”とし、「今回同席するのはあまりに異例」だとか……。多忙であるに違いない彼をいきなり雇えるってどんな人脈を使ったんだ。