9月18日(金)から配信される、三谷幸喜脚本・演出×香取慎吾主演のAmazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』。香取が演じる、ありえない失敗ばかりだけどどこか憎めない超絶愛されキャラの主人公と、三谷が手がける思いがけない“仕掛け”がどんなミラクルを起こすのかと、早くも期待の声が。本誌はそのロケ現場に潜入。

 そこにいたのは黄色のつなぎにおかっぱ頭の慎吾ちゃん、そして、吾郎ちゃんの姿も……!? いつものドラマや映画の収録現場とはまたちょっと違う、緊張感と笑いに包まれた現場の様子をレポートします!

スタジオの様子

 スタジオには、舎人の部屋と隣人・粕谷の部屋のセットが。三谷監督の映画『記憶にございません!』の首相官邸のシーンや、黒澤明監督の『どん底』なども撮影されたスタジオだとか

三谷幸喜 撮影/山田智絵

 本番前には自らマイクを持ち、“観客”を笑わせた三谷。まるでショーのよう! 「舎人真一というキャラクターを世界に広めていきたい!」と意気込みも

香取慎吾 撮影/山田智絵

 撮影が行われていたのは、冬。ダウンを着て待機中。「昨日リハーサルをして、今日が本番。普通の舞台なら1か月くらい稽古するのに(笑)」(香取)。それでも本番で完璧な演技を見せるなんて、さすがです!

香取慎吾 撮影/山田智絵

ただ生きているだけで面白い。そういうキャラにしたかった」と三谷。人間味にあふれる“愛されキャラ”になりきった香取を「喜劇俳優・香取慎吾の本領発揮です」と絶賛

香取慎吾 撮影/山田智絵

 主人公の舎人真一。隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)は、壁の“穴”から彼の生活をのぞき見するのがひそかな楽しみ。だが、それが娘・あかね(山本千尋)にバレると、彼女は舎人の生活を動画配信すると言いだし……

稲垣吾郎(左)と香取慎吾(右) 撮影/山田智絵

 香取と稲垣吾郎のドラマ共演は7年ぶり。稲垣が演じるのは演歌歌手で、その名も“レッツ大納言”。「草なぎ(剛)とは2人芝居とかやらせてもらったりしたことがあるんですけど、吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でした」(香取)

宮澤エマ(左)と香取慎吾(右) 撮影/山田智絵

  誰も予想しない失敗ばかり! 見ているこっちがハラハラドキドキ。泣いたりわめいたりゴキゲンになったりと、感情が忙しい