みなさんこんにちは! ポイ活にいそしむ主婦ライターのいくみぃです。

 今までのポイ活連載については、こちらから読めますので良かったらぜひ!

 第1回 タダでもらったポイントが勝手に増えた! ポイ活を始めたきっかけ
 第2回 ポイントサイト登録で、資料請求、モニターがオイシくなる!
 第3回 クレカはポイ活に不可欠な武器! 選び方次第で還元率16%になることも
 第4回 ポイントサイトで得たポイントの交換方法とおトクな交換先!

 みなさんはマイナンバーカードをお持ちですか? 今年8月1日現在での国内の交付率は18.2%とまだまだ普及の途中ですが、そこにおトクの芽ありです!

 マイナンバーカードを取得したあとに手続きをすると、最大25%という超高付与率のマイナポイントがもらえますよ! これも立派なポイ活、しかもマイナンバーカードを作るだけということで見逃す手はナシ。

 今回のポイ活連載では、そんなマイナポイントについてお伝えしたいと思います。

マイナンバーカードって本当に必要?

 マイナンバーとは、日本に住民票を有するすべての方(外国人の方も含まれます)が持つ12桁の番号です。社会保障、税、災害対策の3分野について、共通で使用することで個人の識別を確実かつ迅速に行うことを目的としています。

マイナンバーカードは身分証明書になる

左半分が私、いくみぃのマイナンバーカードです。個人情報の部分を消したらよくわからなくなってしまったので、右半分にサンプルのイラストを載せました

 身分証明書というと自動車の運転免許証やパスポートなどもありますが、令和2年2月4日以降に申請したパスポート(2020年旅券)には「所持人記入欄」はありません。

 つまり、新しいパスポートは本人確認書類には使えないのです。また、緑色のマイナンバー通知カードは身分証明書としては使えません! マイナンバーカードが今後ますます重要になりそうです。

マイナンバーカードの用途が拡大中!

 マイナンバーカードの用途は身分証明書以外にも金融、子どもの手続き、健康保険証など使える場所が拡大しています。

・コンビニなどで各種証明書の取得
・金融機関の口座開設
・確定申告(e-Tax)
・運転免許申請時の本人確認書類
・児童手当などの現況届
・保育所の入所申請
・健康保険証(2021年3月~)
・医療費控除での領収書添付不要
・服薬管理

 どんどん便利になっている上、ポイントまでもらえるというマイナンバーカード。だんぜん興味が湧いてきた、という方も多いのではないでしょうか。申請方法はこちらに詳しく掲載されていますのでまだ持っていないという方はチェックしてみてくださいね。スマホからでも申請できちゃいますよ!

マイナポイントって何?

マイナンバーカードマスコットのマイナちゃんが「マイナポイント事業」もPR(総務省サイトより) 

 マイナポイントは、キャッシュレス決済を普及させつつ消費の活性化とマイナンバーカードを普及させるための取り組みです。

 マイナンバーカードを取得の上(※利用者証明用電子証明書が有効であることが必要)、あらかじめ申し込みをして、電子マネーやQRコード決済、クレジットカードなどでチャージやお買い物をすると、一人あたり最大5,000ポイントのマイナポイントがもらえちゃうのです!(期限は2021年3月31日まで)

 還元率は何と25%と超高還元! 2万円使うと5,000円分のマイナポイントが付与されるのです。

 マイナポイントをもらう手順についてはこちらで解説されているので、この記事では説明を省きます。

 申し込みの過程で、マイナポイントをもらうキャッシュレス決済サービスを選択します。PayPayやLINE Pay、d払いなどのQRコード決済サービス、nanacoやWAON、Suicaなどのチャージ型電子マネーなど主要な決済サービスはほぼ網羅されています。中には独自の特典をつけるサービスもあり、ものによってはかなりおトクなのです。

独自の特典をつけてくれる決済サービス多数! オススメは『WAON』!

 どの決済サービスを選ぶか? ここは非常に大事なところです。まずは、ふだんからよく使用しているサービスを選ぶのが大事です。そうしないとチャージしてもなかなか使う機会がなく、還元のために“2万円使わなきゃ”と無理な支出をするハメになるかも。

 しかし、こちらに掲載されているお店をよく使うなら、私はWAONをオススメします。WAONは独自の特典が頭ひとつ抜けているのです。

 2万円までのチャージの還元率が通常20%のところWAONなら35%になるのです(チャージ期限は2021年3月31日まで)。つまり2万円チャージなら7000WAONがもらえちゃうということ!

 またこのWAONにはちょっとした“裏ワザ”もあって、コンビニのミニストップなら、AmazonギフトカードなどのPOSAカード(会計後初めて有効化される前払い式ギフトカード)を購入できるのです。普通電子マネーの類でPOSAカードは購入できないのでこのチャンスは貴重です。余ったWAONで他のギフトカードを買うことも可能なのです。

POSAカードのひとつ『モバコインカード』

 その場合、POSAカードには最小購入額(例えばAmazonギフト券なら1500円)があるのでそこだけご注意を。

まだまだ続く新型コロナウィルス感染 フェイスシールドという選択

 この原稿を書いている9月15日も、東京都で新たに191人の新型コロナウィルス感染者が報告されました。これまでのピークである8月上旬の時よりは減っているとはいえ、まだまだ感染が続いている、というのが正直な印象です。

 みなさんも外出時はマスクをしっかりされていると思いますが、接客業・営業職の方の中には、「目元も守ることで感染防止に万全を期したい」もしくは、「マスクでお客様から表情を隠したくない」という方もいるかもしれません。

 そんな方には、透明なフェイスシールドを使うという選択肢もあるといえるでしょう。しかしフェイスシールドの中には眼鏡と一緒に装着できないタイプもあり、自分には使えないという方もいるようです。

 こちらのメガネ付きフェイスシールド なら、眼鏡の上からかぶせる形で同時に装着できます。フレームと一体化したノーズパッドと人間工学に基づいた流線型のデザインで装着も快適。

 フレームの材質も無味無臭で人体に害のないPC(ポリカーボネート)素材を使用。

 もちろんこちらのようにマスクの上からも装着できます。