メジャーデビュー10周年を迎えた“スーパー銭湯アイドル”純烈が、本人役を演じるオリジナルの連続ドラマ『純烈ものがたり』に初主演。節目の記念ドラマ秘話と、さらなる飛躍を目指す4人を直撃!

――本人役を演じた感想は?

酒井一圭(以下、酒井) 普段は言わないセリフやメンバーと視線を合わせるシーンがあったので、恥ずかしかったです。脚本が素晴らしくて、それぞれの個性を反映してストーリーにしてくれている。セリフを覚えるのが大変で、ノートに書いて覚えました。

白川裕二郎(以下、白川) 台本を読んで、ブログに書いたいたずらエピソードがあって(スタッフが)読んでくれていたのかと思います。芝居は10数年ぶりで緊張したけど、ノートに書いて覚えた長ゼリフのシーンは見どころです。でも、長ゼリフを噛んで何度もNGを出したら、相手役の子役に“ドンマイ”と慰められました。

後上翔太(以下、後上) ブログだけでなく取材やステージで話していた細かい部分まで調べてくれたのかと思います。実名で演じるので、違和感もあったけど、そこが楽しかったです。芝居をしたことがないので“はじめてのおつかい”を見るような気持ちで見てほしい。

小田井涼平(以下、小田井) ドラマとはいえ普段の4人の関係性がみえ、違和感ないようにするのが面白いところでもあり、恥ずかしくもありですね。『古畑任三郎』を手がけたプロデューサーだったので、敬意を込めて古畑のまねをしたけど、声だけですけどね。

酒井一圭 撮影/吉岡竜紀

酒井 後上が白川に「おまえ」と言うのは、本来ないね。いつもどおりに変える? という意見もあったけど、それでは演じる意味がないので台本どおりにしよう、と話し合いました。後上は「おまえ」と言うのがいちばんうまかった。びっくりするくらい自然だった。

後上 家でイメージトレーニングしました。

白川 腹黒ですね(笑)。

酒井 でも「腹黒い」というセリフを白川に言うんだよな。

後上 (ドラマで)リーダーに君づけで呼ばれるけど、出会って10年以上、1回たりともないです。

白川 “白川君”もないです。でも小田井さんは、普段のままでしたね。

小田井 僕よりみんな年下だけど、普段から呼び捨てはしない、君づけ。リーダーには場合によって敬語にしたり、使い分けて演じていた。

4人シーンはアドリブも
マネ役の松下由樹に緊張

酒井 健康センターの楽屋やステージでの動きやセリフは、ほとんどアドリブ。(マネージャー役の)松下由樹さんとのシーンは緊張したけど、4人だけのシーンは自然だった。

白川 温度差がすごかった(笑)。

小田井涼平 撮影/吉岡竜紀

小田井 予期せぬものが見えて面白かったよ。リーダーだったら、僕らとしゃべるときは関西弁なのに、松下さんとは標準語になる。そこから、マネージャーに気遣いする役柄が見えたので面白かった。

後上 リーダーにはデビュー以来、ほめられたことがないけど、今回もスタッフさんに、後上は本当にクソ芝居。見たほうがいいよって。

酒井 一生懸命やったうえでのほめ言葉! ほめる点数にはいかないけど、見逃し三振ではなかったので評価しているよ。

後上 真夏の撮影に、マスクにフェイスガードのスタッフさんが汗びっしょりで仕事をしているのを見て、ちゃんと演じなくちゃという気持ちが強くて(演技が)楽しいと感じる余裕はなかった。

小田井 役者を始めたときに誰しもが通る道。次に生かせればいい。経験を積むと(ファンが)後上さんの初々しい芝居を見たいと思っても見られないから。