前出・田淵さんが注目するのが動画配信業界だ。

HIKAKINさんやはじめしゃちょーさん、ヒカルさんら人気ユーチューバーは上位にランクインすると思います

 長者番付上位にいたとんねるずの石橋貴明さんも最近ユーチューブを始めましたタレントさんも、どんどんユーチューブで配信をスタートさせていますから、それだけ注目されているんです

 ただし、芸能人であることで注意すべきなのが『脱税』だ。

 '19年にもチュートリアルの徳井義実が巨額脱税で活動を自粛することになった。

上場企業となると株主がいて、お金の動きは常に監視されている状態です。しかし芸能人はいわば個人事業主や中小企業が大半どうしても監視の目が少なく、納税への意識が甘くなることも関係あると思います」(前出・同)

 そんな芸能人たちの高額な税金は国家予算としてあてられて、私たちの生活に還元されていく。

『長者番付』は、その時代をうつす鏡。そこで、高度経済成長期、バブル崩壊間際に“プレーバック!”

バブル直前の80年代は

 1980年5月2日、朝日新聞22面に掲載された1979年分の高額所得者を公示する記事のタイトルは、《TVは“ゼニの源”芸能人・作家ウハウハ》。テレビが娯楽の頂点だったこの時代、お茶の間の人気はドラマや映画で活躍する俳優たちだった。

1980年代高額納税者ランキング 俳優・タレント編 ※ランキングはそれぞれの年代の納税額を合算したものです ※82年分までは所得額を公示していたため、83年分からの所得税納税額を合算
【写真】'80〜'00年代の長者番付を『俳優・タレント』『歌手』別で表で振り返る
1980年代高額納税者ランキング 歌手編 ※ランキングはそれぞれの年代の納税額を合算したものです ※82年分までは所得額を公示していたため、83年分からの所得税納税額を合算

 音楽業界は当時まだ30、40代で現役バリバリの演歌歌手の北島三郎、森進一、五木ひろしが常にランクイン。一時はランク外に落ちた美空ひばりさん(享年52)も、不動産譲渡による所得加算も得つつ、上位に不死鳥のごとく甦った。

 そこに挑んだのが当時、若者から圧倒的な支持を得ていた“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。'80年代前半から上位ランク入り。'84年には6935万円の高額納税をし、堂々1位に。

 '80年代の音楽業界は演歌、歌謡曲の中からフォーク、ロック、ニューミュージック系が台頭しだしてきた。サザンオールスターズの桑田佳祐は'84年分が3659万円で5位と初快挙を成し遂げた。