かつて恒例だった『著名人の長者番付』。高額所得者の納税額をランキング形式で公示するこの制度は、時代の移り変わりを見事に反映していた。振り返ると今は懐かしいあの人がランクインしていて──。

令和の『長者番付』、ランクインするのは誰?

「『長者番付がスタートしたころは国全体に活気があった毎年公示される高額納税者の名前を見て、“自分も頑張ろう”と思う、そんなムードがあったと思います

 そう話すのは『税理士YouTuberチャンネル!!/ヒロ☆税理士』で動画配信する税理士ユーチューバーの田淵宏明さん

 高額納税者公示制度、通称長者番付』。そこにはその時代に一世を風靡(ふうび)したタレントや俳優、歌手が名を連ねていた。2004年度分をもって廃止されて16年。いま『長者番付』があったら誰がランクインするのだろうか──。

 昭和、平成、令和の芸能界を取材してきた芸能レポーターの石川敏男さんが解説する。

石川敏男らが予想する『令和』の高額納税著名人

当時から上位にいる芸能人でランクインするのはダウンタウンの2人くらいでしょう彼らの納税額が芸能人の中でいちばん多いと思います

 ほかにはマツコ・デラックスや有吉弘行、爆笑問題といった冠番組をいくつも持っていて視聴率が取れるタレントたちだという。俳優ならば、

吉永小百合、渡辺謙のギャラは高いので、そんなにたびたび出ていなくても数本の作品でランクインすると思いますかつて渥美清は寅さん1本で2000万円のギャラをもらっていたと言われています中堅の代表は米倉涼子ですかね

 しかし、苦戦しているのは音楽業界だという。

「音源がなかなか売れない時代。特に演歌や歌謡曲の歌手は厳しい。ランクインできるとしたら舟木一夫くらいじゃないかな。今年はできませんでしたが、彼は今でも1か月公演を行うなどしていますから」

 そんな過酷な業界で、ひとり勝ちしている人がいる。

AKB48や乃木坂46などをプロデュースする作詞家の秋元康さんでしょう彼は印税などでかなりの収入を得ているとみられます同様のプロデューサーに小室哲哉やつんく♂もいたが、秋元さんが断トツきっと2位を大きく引き離して不動の1位だと思います