ステラ薫子先生

ステラ薫子先生
すべての写真を見る

ひとつの言霊が
人生をだいぶ変えます

 24歳のとき、旅行でイタリアのサンマルコ修道院を訪れたステラ先生。フラ・アンジェリコの『受胎告知』の絵の前で神秘的な力を授かったという。

不思議なことに(描かれた)天使の羽根が絵から出てきて、私の頬にスーッと触れたんです。そのとたん、趣味でやっていたタロットカードがすべて読めるようになったんです
 
 帰国後、本格的に占いの道へ。タロットと西洋占星術を得意とし、キャリアは35年以上。現在、担当する『なないろタロット占い』も支持されている。

「朝、目覚めて太陽の光を浴びた後、仏壇と神棚に手を合わせてから、タロットカードを引いています。みなさまにハッピーになっていただきたいですし、ひとつの言霊が人生をだいぶ変えるので、そこはすごく心を砕いています
 
 占いを通じて伝えたいことは“生きることの大切さ”。そんなステラ先生の癒しは、

「自分で調合した精油をお風呂に垂らして、10分くらい瞑想しています。アイデアが湧いてくるんですよ」

【占ってもらいました!】 今後のコロナ

「コロナはまだまだ収束せず、一進一退を繰り返します。ただ、重篤者は減ってくるので、今ほど危機感を感じる人は少なくなるでしょう。いちばん心配なのは、ネガティブな感情がみなさんの心の中に残ること。コロナにかかった人を責めないようにしてください。また日常的にマスクをしていることで、呼吸が浅くなり、肺が弱まっている人が増えています。自然の中で深呼吸を

『なないろ日和!』

なないろタロット占いby『なないろ日和!』
月〜木曜9時26分〜(テレビ東京系)

イヴルルド遙華先生

イヴルルド遙華先生

天気予報感覚で、占いと
付き合っていただけたら 

 19歳のときに大病で生死をさまようも、奇跡的に一命をとりとめたイヴルルド先生。

お見舞いに来た祖母が“名前が悪いのでは?”と(笑)。名前を変えたとたん運気が回り始め、すっかり元気に
 
 その後は姓名運勢学を筆頭に、占いを独学で勉強しながら、地元・福岡で雑貨屋を開く。プロになる気はなかったが、

でも10年前、“東京・恵比寿に行け”とお告げが。迷いはありませんでした
 
 上京し、占い師としての活動をスタート。オリジナルのフォーチュンサイクル占いを編み出し、話題の人に。『まるっと!サタデー』では誕生月ごとの1週間の運勢を占っている。

「“雨が降りそうなら傘を持っていけば安心”といった天気予報感覚で、占いと付き合っていただけたら」
 
 イヴルルド先生によると、日本の運勢は今年の8月からモヤモヤ期に入り、今後6年間は暗黒期とのこと。

「揺さぶりをかけられる時代に突入しています。危機管理能力をしっかり持ち、自分らしく生きていくことが大切です」

【占ってもらいました!】 羽生結弦選手

「'94年12月7日生まれ(射手座)の羽生選手をフォーチュンサイクル占いで見ると、マインドナンバーが6で“キャンドルのメッセンジャー”。興味があることに対しては、一気に燃え上がるタイプ。ラッキーカラーは黄色と赤。まさに、くまのプーさんの色です! 自分の強運カラーを無意識のうちに引き寄せているのは、さすが。12月7日のお誕生日を境に覚悟を決める時期に入ります。大きな決断をするかもしれませんね

(C)TBS

まるっと!誕生月占いby『まるっと!サタデー』
毎週土曜朝5時30分〜(TBS系)※一部地域を除く

取材・文/花村扶美