2年前に取材し、反響を呼んだ遺品整理クリーンサービス所属・小島美羽さんによる「孤独死」「ゴミ屋敷」をテーマにしたミニチュア作品。『週刊女性PRIME』では改めて小島さんを取材し、そこに込められた思いを、これから作品ごとに分けて伝えていきたい。今回、紹介するのは初期の頃の作品で、テーマは「50-60代男性の孤独死の現場」という。

現物は見せられない
でも、ミニチュアなら

「孤独死の現場は、死臭というか、やっぱりニオイはすごいです。嗅いだことのない……例えようのない強烈なニオイ。脂肪とか水分量の違いからか、若い人のほうがニオイはきつい気がします」

 孤独死の壮絶な現場の状況を話すのは、遺品整理クリーンサービスで働く小島美羽さん(28)。小柄でかわいらしい印象の女性だが、そんな彼女の職業は、孤独死や自殺の現場、ゴミ屋敷に足を運び、片付け、消毒、原状回復を行う特殊清掃員だ。

「この仕事をしている女性スタッフは少ないと思います。体力勝負なところもあるので。私の会社では、女性は私一人だけです」

 ほぼ毎日、現場に出向くという小島さん。数年前から、仕事の合間を縫っては事務所の空いたスペースでミニチュアを作り続けている。

実は小島さん、ミニチュア製作は全て独学というから驚きだ 撮影/齋藤周造

 今や、国内のみならず、海外メディアからの取材オファーも。多くの人に知られるようになったのは、2016年の『エンディング産業展』で会社のブースに展示したミニチュアがSNSで話題となったのがきっかけだった。

「実際の写真は見せられない、けどこうやってミニチュアにすることで、多くの人にこの現実を見て、知ってもらえると思ったんです」

 そう言いながら、見せてくれた作品は、古い一軒家のもの。上からのぞいてみると、そこには思わず目を背けたくなるような光景が。隅から隅までリアル。見ているだけで、その場所にいるような感覚に陥ってくる。