「えっ、犯人はあの子だったの? 小さいころはおとなしくて、そんな乱暴なことをする子じゃなかったのに」

 と容疑者一家が管理しているアパートに長年、住む住人は顔をこわばらせる。

資産家に生まれ中学生で引きこもりに

 11月16日の午前4時ごろ、東京・渋谷区のバス停でホームレスの大林三佐子さんが殴り殺された事件で逮捕されたのは、近くに住む職業不詳の吉田和人(かずひと)容疑者(46)だった。

 5日後の21日午前3時ごろ、最寄りの交番に母親と出頭した容疑者は、地域のボランティアでゴミ拾いをしていて、バス停に居座る路上生活者にどいてほしかったという──。

「前日に“お金をあげるからどいてほしい”と頼んだが、断られて腹が立ったので、石を入れた袋で殴った。“こんな大事になるとは思わなかった”と供述しているそうです」(全国紙記者)

 報道によれば、広島出身の大林さんは話すことが好きで、若いころはアナウンサーを目指していたことも。

 最近は家族ともほぼ連絡をとらず、3年前には杉並区のアパートを出て、今年2月にはスーパーの販売員も辞めて路上で生活するように……。

吉田容疑者の実家マンション。1階は家業の酒店で、2階で生活し、他の部屋は賃貸に出していた

 一方、容疑者の実家は祖父母の代から酒店を営み、マンションやアパートを所有する資産家。

中学生のときに不登校で引きこもりになったと父親から聞いた。20歳のころに1度は就職したがすぐに辞めて、また引きこもりになった。

 それがましになったのは数年前に父親が亡くなってから。酒店は10年近く前からほとんど営業してないけど、昔からの常連には配達している。それを手伝うようになったからね」(冒頭の住人)

 そんな容疑者は近所ではちょっとした有名人で、

「パラボラアンテナを設置したり、自宅のシャッターなどを替えたりすると、文句をつけにくるクレーマーでね。景観が変わることにこだわっていたみたい」(近所の主婦)