自分の体調や人格をも変えてしまうこともある、それが「閉経」。女性ホルモンが減ってくる身体は、それまでとは確実に変わっていきます。「閉経」の前後10年の更年期の対処法とともに、元気に生き抜く知識を伝授します。

経験者は語る!びっくり閉経エピソード

 閉経前後の時期には心身に思いもよらない不調があらわれてときには自分や周囲が困惑してしまうことも。実際の閉経経験者が体験した、実話をご紹介。

■還暦を過ぎても生理が続きました 
「若いときから規則正しい生理周期だった私。50代後半になってから少しずつサイクルが乱れるようになりました。同年代の友人が次々と閉経を迎えている中、60歳を過ぎても生理がある自分はどこかおかしいのではないかと悩んだことも。『一生、生理が続いたらどうしよう……』と心配していましたが、63歳でようやく閉経しました」(63歳で閉経)

■周期も量も バラバラになりました
「しばらく生理がなくて『閉経したかな?』と思っているうちに生理がきたり、生理の期間が長かったり短かったり、経血量が多かったり少なかったり。『旅行の予定を入れたいけど、生理がきたらどうしよう……』、『量が多くて期間も長かったら困るな……』など、自分の体調をまったく予測できない期間が2年ほど続いた後に閉経しました」(55歳で閉経)

■猛烈なイライラでテレビを投げました……
「以前から『最近、イライラすることが多いな』と感じていたのですが、ある日、夕食の時間になってもテレビの前から動かない夫と娘を見ているうちに猛烈な怒りがこみ上げてきて、気づいたらテレビを投げていました。あまりにも様子がおかしかったのでしょう、救急車まで呼ばれてしまい、家族はもちろん私自身も頭がおかしくなってしまったのだと思いました」(54歳で閉経)

■愛犬との別れとともに閉経も
「いつかは別れの日がやって来ると覚悟はしていたものの、長年、可愛がっていた愛犬が天に召されたのはつらかったです。何をする気力も起きず、涙に暮れて過ごしているうちにいつの間にか生理がこなくなりました。当時は40代後半で閉経には早いと思っていたのですが、どうやら愛犬を亡くしたショックで閉経が早まったようです」(47歳で閉経)

■ファストフード店で大出血……血の池地獄!
「生理の周期が乱れて経血量も少なくなり、『そろそろ閉経なのかなぁ』と思っていたころのことです。娘とファストフード店で軽い食事をしている最中に突然、何かがあふれたような感覚に襲われたかと思うと、みるみるうちに白い椅子も床も血で真っ赤に染まりました。店員さんもやって来て、危うく救急車を呼ばれそうになる事態に」(52歳で閉経)

■社交的だったのに1週間、家にこもりつづけた私
「若いころから家にいるよりも外に出かけるほうが好きで、お友達との食事会や習いごと、PTAや、地域の集まりなど積極的に予定を入れていました。ところが、50代半ばを過ぎたころに突然、誰とも会いたくなくなり、予定を全部キャンセルして1週間、クローゼットに閉じこもっていたことがあります……。気分のムラがひどく、その後まもなく閉経に」(56歳で閉経)

閉経年齢の平均は50.8歳!