「犯人逮捕をお土産に5人のお墓に入りたい……」
 東京都世田谷区の会社員、宮沢みきおさん一家4人が殺害された事件は、未解決のまま昨年12月30日で20年たった。ある日突然、被害者遺族になってしまった母・節子さんがこれまでの無念の思いを明かしてくれた──。(取材・文/水谷竹秀)

現場の家に近づくのが「怖い」

 20年ぶりに遠くから眺めた息子一家の自宅は、当時の記憶のままだった。

「傷んでいるとか言われていましたが、そんなに変わっていないなあと感じました。事件の進展がない中、4人がいないのはすごく寂しい。そんな思いで見つめていました」

みきおさん一家を描いた絵

 東京都世田谷区上祖師谷にある区の施設で昨年暮れ、宮沢節子さん(89)は、その小さな身体から声を絞り出すように語った。

 節子さんのひとり息子、みきおさん(当時44歳)、妻の泰子さん(同41歳)、孫のにいなちゃん(同8歳)と礼君(同6歳)の一家4人は、2000年12月30日深夜から翌未明にかけ、この施設の近くにある自宅で、何者かに殺害された。最初に礼君が絞殺され、続いて、みきおさんら3人は柳刃包丁などで刺殺された。

 大みそかに日本社会を震撼させた「世田谷一家殺害事件」。犯人は現在も見つかっておらず、警視庁は有力情報提供者に懸賞金上限である2000万円をかけている。

 節子さんは毎年この時期になると、追悼集会のために自宅がある埼玉県から世田谷区へ足を運んでいたが、現場の家にだけは近づけなかった。

事件現場。現在は塀で囲われて出入りできないようになっている

「怖いんですよ。事件前、週2回、家に通っていたんですが、孫たちが『ちっちゃいおばあちゃん!』って飛んできていましたからね。必ず『ちっちゃい』ってつけるんです。その姿がもう見られないのを確認するのがつらくて」

 当時、泰子さんは自宅で塾を経営しており、塾の日にあたる月曜、木曜の週2回は、節子さんが孫の面倒を見ていた。

「教室のほうへ泣き声が聞こえたりするといけないから、近くの公園まで行って2人を遊ばせていたんです。そのころの楽しい思い出が蘇ってくると、悲しくなっちゃう。だから家には近寄れない」

 昨年末はコロナで集会が中止されたため、施設では代わって、メディアへの個別会見が開かれた。主催した殺人事件被害者遺族の会「宙の会(そらのかい)」(東京都千代田区)の役員関係者がその日の朝、節子さんを家の近くまで連れて行ったのだ。

「柵があって入れませんでした。だから中までは全然見ていません。ちょっと行って帰ってきただけです」

 あれから20年──。

 どれほどの歳月が流れようとも、まるで時間が止まったかのように、節子さんは変わらぬ思いを引きずっていた。