『ホンダ』と聞いて思い浮かぶのは、日本が誇る世界的にも有名な自動車メーカー『HONDA』。そして近年ではもう1つ。ヨーロッパのトップリーグでエースナンバー10を背負ったこともあるサッカー選手『本田圭佑』だ。

 本田はここ数年、プロサッカー選手としてだけでなく、経営者や投資家など“ビジネスマン”としての側面を見せ、SNSでの発言はサッカー以上に注目されることも。

「日本だけが世界で割と普通に生活している」

 現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスについては、コロナ感染者への誹謗中傷に対し、Twitterでこのようにコメントしている。

《コロナに感染した人は何で謝罪するの?被害者でしょ。病気にかかった人を追いつめるって頭おかしくなってるとしか思えん》(2020年8月1日午後8時8分投稿)

 また、自身もプレーしたヨーロッパなどと比べ、日本のコロナへの対応については、

《日本だけが世界で割と普通に生活している唯一の国という不安な状態》(2020年3月24日午前9時23分投稿 )

 このツイートには、ハッシュタグとして以下の文面が添えられていた。

#かかるときはかかる
#でも油断はするな

本人のツイッターより

 しかし、本田の言う“普通”とは、いったい何を指しているのか──。

 今シーズンは、ブラジルのクラブ『ボタフォゴ』でプレーしていた本田(12月30日に自身のSNSで退団を発表)。現地では今、彼が “普通”から逸脱した振る舞いをしていたことが発覚し、非難の対象となっている。