「熱愛報道」は命取り

 しかし、有名人との熱愛はユーチューバーにとって死活問題となるケースもある。

「ヒカキンのように動画の内容や本人のカリスマ性で支持されている人は別ですが、“ガチ恋”系の女性視聴者が多いユーチューバーの場合、一気にファン離れが進み、動画の再生回数が落ちてしまいます。

 フジテレビの久代萌美アナと結婚した『北の打ち師達』のはるくんや熱愛発覚後の水溜りボンドはファンが激減。チャンネル登録者数が100万人以上いるにもかかわらず、最近の動画は10万回再生程度のものも増えていますから。かつては数百万回再生も当たり前だっただけに“オワコン”と言われ始めていますね」(前出・ネットニュース編集者)

(左から)水溜りボンド・カンタと池田エライザ
【写真】ワタナベマホトのファンからアンチに転身!「早くいけよクソ男」

 気をつけなければいけないのは、ファンの目だけではない。ユーチューバーのスキャンダルを暴露する“裏切り者”も多く存在するからだ。

「アイツだけ芸能人と付き合いやがって……とやっかんだユーチューバー仲間が、コレコレ氏など暴露系配信者に情報を提供するケースも少なくないようですね。また視聴者とつながっているケースも多いため、熱愛発覚によって目が覚めた元ファンがSNSなどで告発をして、悪事がバレることも。“身近なスター”ゆえに、芸能人以上に裏切られたと感じてしまう仲間やファンが多く、アンチになりやすいのかもしれません」(前出・動画制作スタッフ)

 ファンがいなくなってしまったり、活動休止を余儀なくされた人気ユーチューバーの先行きは、なかなか厳しそう。

「ITバブルがはじけた'00年代前半にIT社長と離婚した芸能人もいました。ワタナベさんは活動が再開できるかわかりませんし、北の打ち師達も再生回数が伸びないようだと将来が不安になって、今泉さんや久代アナも離婚を考える可能性もあるのでは」(前出・芸能プロ関係者)

 人気者から一転、熱愛発覚によってすべてを失わなきゃいいけど……。