かつて「元カレ5人中4人が逮捕」の衝撃エピソードで一躍ギャルタレントとしてブレイクしたゆきぽよこと木村有希がピンチを迎えている。

『週刊文春』(2021年1月28日号)のスクープで明らかになったのは、2019年に友人男性が彼女の自宅でコカインを使用し、緊急搬送の末に逮捕されていたこと。友人男性の溜まり場になっていたゆきぽよの自宅は家宅捜索され、尿検査まで受けていたのだという(結果は陰性)。さらに、この男性は前年にも振り込め詐欺の容疑で逮捕されていたことも判明し、もはや“ヤンキー友達がやらかした”では済まされなさそうなインパクトだ。

 これには本人も相当まずいと感じているのか『文春』の記者を前に、これまでのキャラを一新するかのような発言を繰り出している。

《今回の件は、生まれ変わろうと思えるきっかけになった。携帯の番号を変えて、ラインを変えて、もうヤンキーたちとの縁を切ろうと思います。ちゃんと働いていて、ちゃんと定時に帰ってくる人とお付き合いしたいです》

 あのゆきぽよに、そこまでして芸能界に残りたいという意志があったのか、と驚く。 “ヤンチャでパリピなギャル”という個性を封印し、サラリーマンと暮らすゆきぽよは果たしてテレビ界で生き残れるのだろうか──。

ギャルタレに求められる“バラエティースキル”

 高校生のときに『egg』の読者モデルとして活躍していたゆきぽよが、「元カレを引きずっていた自分を変えたい」と恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』に参加し、一躍有名になったのは20歳のとき。それをきっかけに出演したテレビ番組で、あの「元カレ4人が捕まった」エピソードをかましたのである。当時はどうにか爪痕を残そうと必死だったらしく、

《マネージャーと1時間かけて徹底的に台本を読みあわせました。全体の流れはもちろん、自分以外の内容も頭に叩き込んだのをしっかり覚えています。(中略)それ以来、台本は2、3回読み返して、流れと要所で自分が言わなきゃいけないキーワードをきっちり抑えるようにしています》(『FLASH』2019年11月19日号)とある。

 いわゆるギャル雑誌の読者モが“ギャルタレ”としてテレビ界に進出する流れの元祖は小森純あたりだろうか。あのころはギャル特有の「おバカで、恋愛事情にオープンで、ぶっちゃけトークができる」といったキャラクターは目新しく、お茶の間にウケていた印象だが、近年はギャルタレに求められるバラエティースキルはかなり高度化していると思われる。

(左から)藤田ニコル、みちょぱ

「空気を読んで前に出すぎず、若者の代弁者としての意見もズバッと言えて、セクハラまがいの発言もうまく受け流せる」──こんな感じだろうか。

 ギャルタレに多くの能力が求められるようになったのは、世代交代がなされず、オジサン芸能人ばかりになったテレビ界の生態系と無関係ではないだろう。藤田ニコルもみちょぱもゆきぽよも、20代前半にしてすでに“技巧派タレント”の趣すらある。