「この春の番組改編で、朝の顔ぶれがガラッと変わります。長寿番組の『とくダネ!』、一昨年始まったばかりの『グッとラック!』終了。『めざましテレビ』、『スッキリ』もメインキャスターが代わり、リニューアルします」(テレビ局関係者)

 各局の春の番組改編が始まっている。『とくダネ!』(フジテレビ系)、『グッとラック!』以外にも『ちちんぷいぷい』(MBS)、『サワコの朝』(TBS系)などの長寿番組も終了。

 フジテレビの人気番組『めざましテレビ』からは、永島優美アナウンサーが卒業して、井上清華アナウンサーがメインキャスターに。

バラエティー番組は嫌いなアナウンサーが司会だったら見なければいいだけだけど、情報番組は好感度の高い人にやってほしいですよね。

『めざまし』は、レギュラー出演していた久慈暁子アナウンサーが次期メインでは、と囁かれていたんですが、もしそれが実現したら視聴者は番組離れをしたはず。フジテレビ、うまくやったなという印象」(スポーツ紙記者)

ユーチューバーのほうが発声できている

久慈暁子アナ

 そこで、40歳以上の主婦1000人を対象にアンケートを決行。「あなたの嫌いなアナウンサーは誰ですか?」。

 嫌いな局アナ1位の不名誉に輝いたのが“あざと可愛い”で乗りに乗っている弘中綾香アナウンサー(テレビ朝日)。今月12日には初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス刊)が発売され、好感度のほうでも高い順位にいる彼女。嫌い派の意見を聞くと、

「勘違いも甚だしい。そんなに目立ちたいのならタレントやれば」(41歳)、「キンキンした高い声が耳障り。ユーチューバーのほうがまだちゃんと発声できている」(56歳)、「あざといのだろうけど、そもそもかわいくない」(40歳)

 そんな声とは対象的に、現在『あざとくて何が悪いの?』、『ノブナカなんなん?』を含め5本のレギュラーを抱えて活躍中。

桑子真帆アナ

 次いで2位になったのが、元交際相手からの暴露スキャンダルが記憶に新しい桑子真帆アナウンサー(NHK)。

「本当か知りませんけど、友達の彼氏と寝るとか最低。しかもそんな暴露するような男と何年もセフレでいたとかレベルが低すぎる」(46歳)、「ニヤニヤと人を小馬鹿にした表情をする瞬間がある。本性が出てる感じ」(43歳)、「自称サバサバ女の典型って感じ。嫌いです」(40歳)、「週刊誌に撮られたときに、サングラスはしているのにマスクをしていなかった。ニュースではマスク着用を呼びかけているのにNHKの風上にも置けない」(54歳)

 目元隠して口元隠さずとは、危機意識がないのだろうか。

 3位に入ったのは、名前を聞いてもわからない人も多い? 藤井弘輝アナウンサー(フジテレビ)。

「親の七光でアナウンサーになれるんですね」(49歳)。

 そう、藤井アナウンサーは藤井フミヤの長男で、今回のアンケートにも《フミヤの息子》《チェッカーズの息子》などの表記が多く、実名で回答した人はわずか4人!

「フミヤさんのファンなので、息子さんが出てきたときは夢が崩れました。イジられ役として生き残ろうとしているようで残念。夢を壊さないで!」(56歳)、「お父さんはカッコよかったのにな~、といつも思ってしまう」(55歳)。

 チェッカーズ世代であろう50代からの得票が圧倒的だった。

 次いで4位となったのは、元乃木坂の市來玲奈アナウンサー(日本テレビ)。

市來玲奈アナ

「夕方のニュースでワイプに映る顔がうるさい!」(47歳)、「アイドルとしては地味で成功しなかったから局アナになった感じ。アナウンサーとしてもいりませんから」(45歳)、「行列(行列のできる法律相談所)でもでしゃばっている。元アイドルとしてもアナウンサーとしても中途半端」(51歳)。「日テレに内定したからって『金スマ』(TBS系)のダンス企画を突然降板。アイドルとして芽が出ない市来さんをフィーチャーしてあげていた番組に後ろ足で砂かけていった印象。恩知らずで嫌い!」(55歳)。

『金スマ』社交ダンス企画の降板から5年以上たつが、これに関してのご意見が多かった市來アナ。視聴者はいつまでも覚えているのである。