吉田羊や松重豊も出演!

 脚本家・三谷幸喜に“変幻自在の演技で、どんな年齢のキャラクターでも演じてしまう”とまで言わせる女優・吉田羊。彼女も、'14年放送の『HERO』シーズン2でブレイクスルーした。

「吉田さんが演じた馬場礼子は、仕事をバリバリこなす女検事。ひざ上のタイトスカートを着こなし、ハイヒールで美しく歩く姿が印象的でした」(前出・テレビ誌ライター、以下同)

 この役で、世間が吉田に持つ“カッコいいオンナ”のイメージが確立された。

これをきっかけに大ブレイクしました。吉田さんは'16年、CM出演本数で女性タレント部門でナンバーワンになっています。彼女のファンは“ヒツジスト”と呼ばれるほどブームになりました

 吉田は、木村のことを“ルフィみたいな人”と発言。

「木村さんは共演者を仲間と呼び、スタッフさんをチームと呼ぶんです。吉田さんは彼のそんな座長ぶりを見て、大人気漫画『ワンピース』の主人公であるルフィを連想したようです」(ドラマ関係者)

 松重豊(58も、シーズン2で人気が急上昇した俳優のひとり。188cmの高身長と鋭い目つきから、悪役が多かった松重。

松重豊

「ブレイクのきっかけは彼が主演を務めるテレビ東京の『孤独のグルメ』でしたが、『HERO』出演でお茶の間の認知度を一気に高めました」(前出・テレビ誌ライター、以下同)

 木村演じる久利生の上司となる検事部長を演じた。

久利生を怒鳴りつけるシーンが多かったですね。でも、仕事がうまくいかないとしょんぼり。その姿が何とも愛くるしくて(笑)

 本作で、松重は遠藤憲一と並ぶ“コワモテ”カワイイ俳優の座を獲得した。以降テレビや映画、CM、バラエティー番組などで大活躍している。

 シーズン1の放送がきっかけで、検事を目指す若者が増えたという『HERO』。その影響力がハンパない!