見知らぬ女子中学生が無料通話・メッセージアプリ『カカオトーク』の電子掲示板に投稿したのは、

「家出したい」

 という思春期にありがちな悩みだった。

 これを目ざとく見つけ、咎(とが)めるどころか、

「泊まるところのお金を出してあげるよ」

 と下心を隠して家出をそそのかしたのは、東京都中野区の区立中学校の主任教諭・船山恭宏容疑者(43)。

「夏休み中の昨年7月下旬、被害少女を2日間にわたって都内のホテル2か所に連れ込んだ未成年者誘拐の疑い。買い物に行くと言って外出したまま帰宅しない娘を心配した親が警察に相談し、捜査員が2日目の夜にホテルの部屋にひとりでいたところを無事に保護した。防犯カメラの映像などから約半年間の内偵捜査を経て、2月2日に逮捕にこぎつけたのが現役教師だった」

 と全国紙社会部記者は話す。

 保護されたとき少女がホテルにひとりでいたのは、船山容疑者側の事情とみられる。

「わざわざホテルを変えているが、2日間ともずっと一緒にいたわけではない。自分の家族は心配させたくないからか、一緒に泊まらず深夜に帰宅し、翌日、また少女を連れ出して日が暮れる前に自分だけホテルをあとにしている。少女に性的被害は確認されていない」(同記者)

 船山容疑者は、少女の親の承諾を得ずにホテルに連れ込んだ事実を認め、「あわよくば性行為できると思った」などと供述しているというから“口説けなかった”ことになる。

 ホテル代は約束どおり支払っている。

 しかし……。

「リーズナブルな価格が売りのビジネスホテルで1泊平均3000〜4000円程度。周辺のラブホテル相場よりも安い。妻子持ちの教師だから、お小遣いではこの価格帯が精いっぱいだったとみられる」(前出の記者)