“ああ~向いてないな~”って思う

 大学卒業後は都市計画にかかわる民間シンクタンクに就職。プロの女優になるつもりはなかったが、劇団の活動は続けた。しかし、最初に勤めた会社がバブル崩壊で傾いたため3年で退社。逆に劇団が注目されるようになり女優業のほうが活発に。それでも、演劇学校の事務職に就いて、会社員と役者の二足のわらじ生活を37歳まで続ける。

 会社勤めを続けていた理由については──。「長いですよね(笑)。後半は、役者の仕事だけで食べられるようにはなっていたのですが、事務仕事がすごく好きだったもので(笑)。私としてはできれば続けたかったんですが、だんだん役者の仕事が忙しくなって“そろそろだねって”ことで、クビになっちゃいましたけど(笑)。もうひとつは、性格的に芸能界が合っていると思わないので、一般社会とつながっていたいという気持ちが強かった」と語る。

野心とか社交性がものを言う世界の中で、それが欠落していることにときどき落ち込むんですよね。前に行きたくても行けないし、交友関係も増やしていけないし、“ああ~向いてないな~”って思う。それでも役者をやっているのは、演じると受け入れてもらえるというか、今まで私がやってきたことの中で、演じることがいちばん褒めてもらえるからですかね(笑)」

 人見知りで引っ込み思案な性格は、子どものころから変わっていないという。

「8歳のときに妹が生まれて、急に自分の座を奪われた感じがして、“自分は必要ないのかな”と思ったのかもしれませんが、それまで社交的だった性格が変わりました。あとは、両親の仲があまりよくなかったこともあって、“自分の存在意義はいったい何だろう?”と考えるようになって。それはいまだに思ってしまいます。

 初めての現場などに行くと、すぐ出てきちゃうんですけど(笑)。自己肯定感が低いんですよね。だから、お芝居を褒めてくれたりすると“自分はここにいていいんだ”と思える。演技が好きというより、それがうれしいっていうのが大きいかもしれないです

 そういう意味でも、演じることは人生に欠かせないものなのでは?

「そうですね。でも役者以外でも、自己肯定できる何かがあるんだったらそっちに行きたいかもしれない(笑)。でも、確かに役者の仕事がなかったら、もっと寂しい人生になっていたかもしれないですね」

父が亡くなったとたん、扉がパッと開いた

 俳優人生の転機を尋ねると、28歳のときに父親の死とともに訪れたと振り返る。

芝居をやっていることを父がすごく反対していて。就職してからは父に隠しながら演劇を続けていたんです。当時はまだ実家で暮らしていたので、“会社が忙しいから”とか、言い訳をして夜、稽古をしたりしていました。それがバレて“出て行け!”と怒鳴られたり。しょっちゅうそんな言い争いをしていたんです。そんな中、父が亡くなって。

 それまでは父に見つかったら最後なので、劇団だけドキドキしながらやっていたのですが、父が亡くなったとたんに、舞台の客演や映像のお仕事をいただくようになって、すべての扉がパッと開いたのは、すごく不思議でした。そこから潮目が大きく変わりましたね。でも、大きな仕事をいただけばそれだけ責任も大きくなるので、“そんなに芝居をやりたいんだったら、そういうつらさも経験しろ!”と父から試練を与えられたような気もするんですけど(笑)」

 コロナ禍の中、昨年10月~12月に『獣道一直線!!!』(“ねずみの三銃士”企画公演、脚本:宮藤官九郎、演出:河原雅彦)で久しぶりの舞台に立った池谷さん。「舞台はなくなるものではない」と強く感じたそう。

お客様に直接パワーを与えることができて、こちらもいただける、ほかにはないコンテンツですし、やっぱり舞台は楽しいなと思いました。それと同時に舞台は身体が基本なので、若いころとは違って今後はいろいろなメンテナンスが必要になってくるだろうなと実感しました。いつまでも舞台に立てるように頑張らないと(笑)」

池谷のぶえ(撮影/森田晃博)
すべての写真を見る

*独身の池谷さんは昨年、20年間住んでいた郊外のアパートから東京に引っ越しをしたのだそう。気になる自宅での過ごし方についてはインタビューの後編(3月1日、12:00公開予定)で。

(取材・文/井ノ口裕子)

〈PROFILE〉
いけたに・のぶえ 1971年5月22日、茨城県出身。’94年、劇団「猫ニャー」(のちの「演劇弁当猫ニャー」)の舞台俳優としてデビュー。’04年に劇団解散後は、舞台のみならず、映像作品にも出演の幅を広げる。’21年1月、『獣道一直線!!!』にて「第28回読売演劇大賞」優秀女優賞を受賞。
*『獣道一直線!!!』がWOWOWで’21年2月27日(土)19:25より放送

●公演情報
シス・カンパニー公演『ほんとうのハウンド警部』
(2021年3月5日~31日、Bunkamura シアターコクーン)
作:トム・ストッパード/翻訳:徐賀世子/演出:小川絵梨子
出演:生田斗真、吉原光夫、趣里、池谷のぶえ、鈴木浩介、峯村リエ、山崎一
〈公式サイト〉http://www.siscompany.com/hound/
●公演情報
イキウメ『外の道』
(作・演出:前川知大)
2021年5月〜7月、東京・大阪・豊橋・北九州公演予定
〈公式サイト〉https://www.ikiume.jp
●出演中
『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK総合/不定期放送)準レギュラー
アニメ『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(NHK Eテレ/火曜18:45~)レギュラー
●連載中
雑誌えんぶの情報サイト「演劇キック」にて【池谷のぶえの「人生相談の館」】
福岡のエンタメ情報誌シアタービューフクオカにて「めずらしく体調のいい日に」