コロナ禍でスケジュールがズレていたドラマ界。ようやく足並みがそろった冬ドラマもいよいよ後半戦。そこで、主婦のみなさまにアンケートを決行! 主演の演技から脚本まで、言いたい放題です。

圧倒的人気はIWGPコンビ

すべてのシーンに意味があって無駄がない」(47歳)、「4話の池袋ウエストゲートパークネタ、桐谷健太の演技は神回だった」(32歳)、「家族で食卓を囲む会話劇が最高!」(51歳)、「ジュジュ(西田敏行)ロスになりそう」(30歳)、「長瀬くんとクドカンコンビにハズレなし!」(36歳)

 主婦のみなさまから圧倒的な1位を勝ち取ったのは『俺の家の話』(TBS系)。

「長瀬くんとクドカンのコンビ、最高!」

 ピークの過ぎたレスラー観山寿一(長瀬智也)が死期の迫った父親(西田敏行)のヘルパー(戸田恵梨香)と家族をめぐる異色のホームドラマ。

長瀬智也さんと脚本の宮藤官九郎さんはこれまでTBSで『池袋ウエストゲートパーク』('00年)、『タイガー&ドラゴン』('05年)、『うぬぼれ刑事』('10年)と人気作品を生み出してきました」(ドラマ関係者)

 2人のタッグは連ドラでは4度目、映画を入れると6度目だ。

「長瀬さんは今年の3月にジャニーズ事務所を退所するので、しばらく地上波でその姿を見られないかもしれません。そのことがあってか、スタッフ、役者さんともに熱を持って取り組んでいるのが感じられて、ちょっとしたシーンでも目頭が熱くなる。

 介護や終活などの向き合うべき社会問題をテーマにしながらも重くなりすぎないさじ加減が絶妙で、さすがとしか言いようがない」(同)

『俺の家の話』に続くのは、視聴率で1位を独走している『天国と地獄~サイコな2人』(TBS系)。刑事の彩子(綾瀬はるか)と殺人鬼の日高(高橋一生)の魂が入れ替わる究極の“スイッチエンターテイメント”。

「乙女一生をずっと見ていたい」(左から)綾瀬はるかと高橋一生

「『JIN─仁─』、『義母と娘のブルース』(いずれもTBS系)など綾瀬さん出演のヒット作を数多く手がけてきた森下佳子さんのオリジナル脚本。巧みに謎がちりばめられていて視聴者が考察することでも楽しめます。謎を作るだけ作って最終回にズッコケる推理ドラマが多いですが、森下さんなら伏線を巧みに回収してくれるという安心感もあります」(同)

 主婦のみなさまのポイントは何といっても高橋一生さんの演技。

入れ替わってからの高橋一生さんの仕草がとにかくかわいい!」(40歳)、「日高が殺人犯じゃないかもしれないとなってから先の展開が気になる!」、「高橋さんの彩子をずっと愛でていたい」(36歳)

 ほかにもそれぞれに推しキャラがいるようで「味方であるはずの陸(柄本佑)が彩子を裏切るとかは絶対にやめてほしい」(42歳)、「八巻(溝端淳平)に癒される」(39歳)

 次回の展開が気になって仕方がないです!