今クール唯一の学園モノ

 5位は民放では今期唯一の学園ドラマ『青のSP─学校内警察・嶋田隆平─』(フジテレビ系)。

『青のSP』より藤原竜也(右)、真木よう子
すべての写真を見る

 嶋田隆平(藤原竜也)が日本初のスクールポリスに! 毎話生徒の問題に焦点を当てながら、嶋田の亡くなった元彼女の死因に迫っていく。

嶋田が何げに生徒に優しいところがいい」(50歳)

 生徒役に注目する視聴者は多く、

「学園ドラマは生徒役のイケメンを探すのが楽しいから好き。青のSPでは宮世琉弥(りゅうび)くんがいい」(38歳)、「1話で主役だった吉柳咲良ちゃんに可能性を感じる」(42歳)、「子役のときから見ていた泉澤祐希くんや須賀健太くんが教師を演じていることが感慨深い」(52歳)

 スターの誕生が楽しみだが、あの女優には厳しい声も。

真木よう子の滑舌が悪くて何を言っているのか聞き取れない」(39歳)

 6位は、香取慎吾が5年ぶりの地上波ドラマ主演した『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)。ネットやSNSでの誹謗中傷による殺人という話題のテーマに取り組む話題作。

明るいイメージの香取さんだけどクールな役がはまっていた」(47歳)、「今の問題を扱っていて面白い」(33歳)、「キャイ〜ンがゲスト出演したり、山本耕史さんが出ていたり、慎吾ちゃんのお友達が盛り上げているところが温かくてよい」(44歳)

 7位は、日本版『プラダを着た悪魔』? 『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)。

日本版『プラダを着た悪魔』?『オー!マイ・ボス!』より上白石萌音、菜々緒

「主演の上白石萌音ちゃんは同枠で昨年、佐藤健演じるドS医師に恋した『恋はつづくよどこまでも』が好評でした。純粋でまっすぐな主人公が恋に仕事に奮闘するという内容は、今回も似たようなもの」(同)

 主婦のみなさまはどう見ている?

「ファッション誌の描き方に違和感。あんな編集部はない!」(40歳)、「玉森くんと間宮くんを見られるだけで満足。ファンタジーだから違和感はどうでもいい」(31歳)と、ストーリーに疑問を訴える派とどうでもいい派に分かれた。