数年に1度発覚するリピート不倫に同僚・部下に手を出す職場不倫──。懲りない芸能人たちが起こしてきた、さまざまな過ちのカタチ。彼らの言動・行動から、不倫の対処法を考える。

「2度あることは3度ある」

 中村芝翫、宮崎謙介、このふたりに共通するのはリピート不倫という点。前者は、'16年に京都の人気芸妓との関係を報じられ、妻・三田寛子の夫をかばう対応が話題になった。だが、今年1月にも歌舞伎ファンの女性と関係を持っていたことが明らかに。後者は、同じく'16年に、妻・金子恵美の妊娠中に元タレントとのゲス不倫が発覚し、衆議院議員を辞職。そして昨年10月、医療従事者の30代女性とホテルで4年ぶり2度目の不貞行為を働いた。

中村芝翫(当時は橋之助)と三田寛子

 大手探偵事務所のデータでは、1度浮気をしたことがある人の再犯率は40~50%ともいわれる。とある興信所の浮気調査では80~90%という驚愕の数字もある。芸能人に限らず、一般人も浮気を繰り返す人は多いのだ。なぜ同じ過ちを犯してしまうのか?

浮気は人間関係嗜癖の一種ですので、何回も繰り返してしまいます

 と話すのは、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さん。

「私のもとへ相談に来る方の中にも浮気で悩んでいる方は多いです。話を伺うと、結婚する前から浮気をすることがあったとおっしゃいます。“結婚したら直るだろう”“子どもが生まれたらきっとしなくなるだろう”。そう期待し続け、結局、直らないまま浮気をする男性が多いんですね」(池内さん、以下同)

 中村&三田、宮崎&金子のケースは、“夫のメンツを守る”といったニュアンスも含むため、妻たちが神対応を心がけたところもあった。しかし、

許されたと思っているから、また浮気をするんです。実際には彼女たちは許しているわけではないと思う

 と池内さんはピシャリ。

「男性は“悪かった”などと謝り、ときには妻へプレゼントなどをして機嫌を直してもらおうと試みる。男性からすれば謝り続けているわけですから、折れない妻に対して途中から“なんで許してくれないんだ”と、まるで妻が悪いかのような見方をしていく。その過程の中で、根負けした妻が“もういいよ”と口にするだけで、許したわけではない

 池内さんのもとに熟年離婚の相談をしに来る女性の中には、「30年前の浮気が許せない! ずっと我慢してきたけど、もう限界」という声も珍しくないのだ。

 許されたと思っている男性は脇も甘くなるだろうから、妻に対する誠実さも欠けてくるし、また違う女性へと目を向ける。このように積み重なっていく不実の果てに、女性は熟年離婚という選択をするのだ。「もう2度としません!」という、その言葉を本当に“3度目の正直”にさせるにはどうすれば?

許されていると誤解しているから繰り返す。ですから、妻は離婚する・しないにかかわらず、不倫という行為は絶対にしてはいけないことなのだと、徹底的に教え込まないといけないわけです

 1回目の不倫の後、家事育児も率先し、妻から「人が変わった」と言われた宮崎。4年前「不徳の致すところ」と、会見で頭を下げ続けた中村。まだまだ“調教”が足りなかったようだ。