『リコカツ』(TBS系 金曜 夜10時〜)

北川景子(左)、永山瑛太(右) 撮影/週刊女性写真班
【写真】瑛太・木村カエラ夫婦、衝撃のアマガエルコーデで子どもの運動会に参戦

自由奔放なファッション誌編集者・水口咲(北川景子)
絵に描いたようなカタブツ男子・緒原紘一(永山瑛太)

交際ゼロ日婚からまさかの破局!?
離婚から始まる男女の新たな愛

 “リコカツ”とは離婚に向けた活動のこと。ファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(北川景子)は、大手広告代理店勤務だった父と美魔女モデルと呼ばれる母を持つ、現代的で自由な家庭に育った女性。航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山瑛太)は、厳格な自衛官一家に育った絵に描いたようなカタブツ人間だった。

 まるで正反対な2人だが、運命的な出会いをきっかけに、交際ゼロ日でスピード結婚。しかし、価値観の違いから衝突し、早々に離婚を決意する。だが、祝福してくれた周囲の人たちに気を遣い、なかなか言い出せず……。そんな2人の“リコカツ”から始まる大人のラブストーリーだ。

 北川と永山は大河ドラマ『西郷どん』で同じ作品に出演したが、本格的に芝居で絡むのは今回が初めて。

「こうしてお芝居でガッツリご一緒するのは初めてで。まじめな方だなという印象です」と話す北川に対し、永山は「主演が北川さんというのは、チャレンジしたいことを受け止めてもらえるんじゃないかという甘えもあり……」。すると北川が「甘えてください、受け止めます!(笑)」と返すなど掛け合いも息ぴったり。

 離婚から始まる本当の恋愛とは。新たな形の恋愛ドラマ誕生の予感!

『レンアイ漫画家』(フジテレビ系 木曜 夜10時〜)

吉岡里帆(左)、鈴木亮平(右) 撮影/週刊女性写真班

恋愛ベタな孤高の天才漫画家・刈部清一郎(鈴木亮平)
ダメ男ホイホイなアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)

漫画のために擬似恋愛
不器用な男女の王道ラブコメ

 山崎紗也夏の同名コミックをドラマ化。鈴木亮平演じる常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家・刈部清一郎と、吉岡里帆演じる夢なし・彼なし・仕事なしのアラサー女子・久遠あいこ。

 2人はひょんなことから出会い、漫画のネタのために擬似恋愛をすることに。しかし、人付き合いが苦手な清一郎と、ダメ男にだまされやすく男運の悪いあいこの恋は、少しずつ発展したり、しなかったりで……。

 主演の鈴木は地上波民放連続ドラマ単独初主演で、漫画家役も初。

「今作のようなキラキラした王道恋愛ドラマとは縁遠いと思っていたので、新しい挑戦になると思いました。とはいえ、かなりアクの強いキャラクターではありますが(笑)。このドラマは男性にもおすすめです。清一郎の不器用な生き方にきっと共感してくれるでしょう」

 そんな鈴木との初共演について吉岡は、「お会いする前からストイックな方だと伺っていました。現場でも“ラブコメといっても、どこで人はキュンとするのか?”とかを一緒に話し合いながらシーンを重ねていけるのが本当に楽しいです

 恋に縁がない2人が繰り広げる不器用だらけのハートフルラブストーリー。最後は見事にハッピーエンドとなるのか?