女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘境での厳しい修行を越え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんが感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

【今週のお悩み】

 子どもはいませんが、夫婦仲もまぁまぁよく、仕事をしているので金銭的にひっ迫することはありません。会社でも大きな問題があるわけでもなく、快適といえば快適なのですが……。平日は仕事で忙しく、休みは家でゴロゴロ。何か物足りなく、毎日つまらないんです。SNSでリア充の友達を眺めては嫉妬してしまうことも。自分の人生を肯定して生きるには、どうしたらいいでしょうか。(42歳・広告・東京都)

足りないものではなく、持っているものに目を向けてください。

 私は知らなかったのですが、インターネットでは、いろいろな人の生活が見える時代なんですね。そういう人たちの生活は、とても充実しているように見えると思います。でもね、そういう場では虚勢を張り、カッコつけてしまう人もいるのではないでしょうか。

 そんな人たちと自分を比較して、なんだか人生が物足りないと思うのは、もったいない。相談を伺うと、仕事も家庭もうまくいっているようなのに、何かが欠けているように感じるのですね。

 心には常に不足をみつけていくという性質があります。

 例えば、何かを食べ終わったとき、また、何かを食べたくなる。美味しい食事をいただいているのに、「甘いものは別腹」と言いながら、今度は甘いものを食べたくなる。洋服だって、欲しいものを手に入れたのに、それで満足しない。また、新しい洋服を欲しくなるでしょ? 常に何かを追い求める。それが心の性質ですから、まずはそれを理解してください。

 つまり、あなたが「何か物足りない」と思うのは、あなた特有のことではなく、心の性質ということ。多くの人が、何か物足りなくて、寂しい気持ちを抱いているのです。

 あなたがうらやむネットで楽しそうに自分の生活を紹介している人でも、実は悩みがあるかもしれないし、寂しいかもしれない。寂しいからこそ、自分を認めてほしくて、いつも「いいね」を欲しがっている可能性もあります。

 人生の物足りなさから逃れるためには、もっと自分を愛して、自信を持って、あるがままの自分を受け入れること。あふれかえる情報を見すぎて、誰かをうらやんで、自信をなくせば、自分の内側、心はゴチャゴチャになるだけです。

 足りないものではなく、あなたが持っているものに目を向けて、感謝をすれば、心は落ち着きます。環境や人間関係など外側のことは常に変化していますが、あなたの内側、魂には満ちたものがあふれています。どんな人の魂も、本来は満ち足りているのです。その魂に触れることができれば、物足りなさは消えます。

 あなたは、もともと、すべてを持っているのですよ。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん…世界にたった2人しかいなヒマラヤ大聖者。女性史上初「究極のサマディ(悟り)」に達した日本人女性で、仏教やキリスト教の源流である5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。2016年6月・10月、2017年5月に国連本部で主賓として招かれ平和のスピーチを行う。インドを中心にチャリティー活動を行うとともに、日本をはじめ世界各国を回り、真の生き方と瞑想の指導を行っている。著書は累計86万部。飾らないおしゃべりが人気のインターFM897「ヒマラヤンVOICE〜聞く瞑想タイム〜」も好評レギュラー出演中。新刊『ヒマラヤ大聖者の知恵 心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)が発売中。
●LINEアカウント:https://bit.ly/2NCg265

辛酸なめ子…東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。『渡る世間は罠だらけ』など著書多数。最新刊に『女子校礼讃』(中央公論新社)。Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》