かつて「ジャニーズSr.」なるユニットがあったことはあまり知られていない。

光GENJI、SMAPが出演した番組

 彼らが“デビュー”を飾ったのは、かつて1993年から1997年にかけて日曜日の夜6時にNHK-BS2で放送されていた、中居正広が初代司会者を務めた伝説のアイドル番組だ。

1993年5月、NHK『アイドルオンステージ』収録にて。上から男闘呼組、光GENJI、SMAP、KinKi KidsとTOKIO。元メンバーの小島啓の姿も
【秘蔵写真】6人目のTOKIOメンバーも出演、伝説のアイドル番組はこちら

 当時を知るレコード会社幹部が「懐かしいですね」と目を細める。

『アイドルオンステージ』です。NHKホールで観客を入れて公開収録をしていた、歌やトークを中心としたバラエティー番組で、TOKIOやKinKi Kidsらデビューまもない、またデビュー前のジャニーズグループやJr.、CoCoをはじめとした女性アイドルらが出演。森田と三宅もアシスタント役で出演することもありました。

 その中で番組内ユニットとして結成され、準レギュラーとして出演していたのがジャニーズSr.。たしか、番組で歌うチャンスをもらった坂本に、ジャニーさんに“ユー、選んでよ”と人選を任されてメンバーが決めたのが事の成り行きだったと思います」

 坂本自ら電話でオファーを出したのが、仲の良かった長野、井ノ原に加えて、佐野瑞樹、原知宏、喜多見秀明の5人。当時、20歳を超えていたメンバーもいたこともあり、番組内で「お前らJr.の年じゃないだろう」と、いつしか“ジャニーズSr.”と命名されたのだそう。

「いわばトニセンの前身グループ。番組に出演していた若手ジャニーズは結束が強く、特にV6、TOKIO、キンキは阪神・淡路大震災(1995年)の復興チャリティーの一環として1997年に『J-FRIENDS』を結成し、約5年半にわたる社会貢献活動を共にした経緯もあります。毎年恒例のビッグイベント『ジャニーズカウントダウンコンサート』も、彼らの活動から始まったものなのです。

 昨年には『少年隊』も事実上の解散となり、世代交代が加速しているジャニーズですが、V6もTOKIOも“老け込む”のはまだ早い。ザ・ジャニーズを知り尽くした彼らが再び結集すれば盛り上がますし、ファンも喜ぶことでしょう。その際にはヒガシ(東山紀之)にもぜひ、声をかけてほしい(笑)」(前出・レコード会社幹部)

 おじさんジャニーズもまだまだこれからだ!