V6の突然の解散と森田剛のジャニーズ事務所退所が発表された。彼らの存在をファン以外にも浸透させた代表作といえば、楽曲以外では'97年から'05年までTBS系で放送されたバラエティー番組『学校へ行こう!』ではないだろうか。

当時のジャニーズは厳しかった!

 同番組屈指の人気コーナーだったのが『B-RAP HIGH SCHOOL』。当時、流行の兆しを見せていたラップを素人が披露し、多くの“名物キャラクター”が誕生した。今回同コーナーで人気を博した出演者の2人に、V6の解散と当時の思い出について話を聞いた。ラップと銘打ちつつも、“おもしろ替え歌”がメインだったB−RAP。

僕もまぁ、Dragon Ashさんの替え歌でしたけどね(苦笑)

 そう振り返るのは、コーナーレギュラーと言っていい出演回数を誇ったCo.慶応。日本史の出来事などをDragon Ashのメロディーに乗せる“お勉強ラップ”を披露していた。

高校3年生で受験が終わって、ヒマなときに番組で募集を見つけて応募したのが出演のきっかけですね。スタッフさんに慶應義塾大学に進学が決まっていることを伝えると、“お勉強とラップで作れる?”となり、この形になりましたね」(Co.慶応、以下同)

 コーナーに参加するV6のメンバーはランダムに2人だったが、彼らは別室でモニターを見る形となり、直接の交流は残念ながらあまりなかったという。

Co.慶応

当時はジャニーズさんの扱いがすごく厳しくて、番組スタッフさんも“(メンバーには)絶対会わないように”みたいな感じでした。友達にサインを頼まれたりしましたが、そんな機会はなく、もらおうとするとADさんにめっちゃ怒られるみたいな(苦笑)。

 そういった状況だったので、たまに廊下ですれ違ったりすると、すごくオーラを感じていました。テレビに出た経験がなかったので、収録中に言葉を交わすときは、けっこうぎこちない感じだったと思いますが、優しく対応してくれて、おもしろおかしくしてくれていたという印象ですね

 メンバーとコミュニケーションを取ることは難しかったが、最近うれしい“交流”があった。

「ほぼ交流がなかったにもかかわらず、最近イノッチさんが僕のことをブログに書いてくれまして。NHKの『ねこねこ日本史』というアニメ番組があるんですが、エンディング曲を僕が作らせてもらったんです。それをご覧になって紹介してくれたそうで。こんなに時間がたっているのに、覚えていてくれて、書いてくれるんだってすごくうれしかったですね」